『第4の革命』上映会での活動報告動画

0
     1月14日に開催された『第4の革命 ―エネルギー・デモクラシー』上映会での自然エネルギー千葉の会の活動報告の動画です。











    『第4の革命』上映会を開催しました

    0


       14日、ドキュメンタリー映画『第4の革命 ―エネルギー・デモクラシー』の上映会が開かれました。場所は千葉市生涯学習センター・ホール、主催は、自然エネルギー千葉の会とパーマカルチャー井戸端会議@ちばです。

       準備期間が少なかったため、どれくらいの観客が来てくださるかスタッフ一同ドキドキものでしたが、不安は払拭、125名の方が参加して下さいました。

       同日午前中に、大網会場でも上映会が開かれ、31名が参加されたそうなので、あわせて156名の方が上映会に足を運んでくださいました。本当にありがとうございました。

       また、1月14日は全国で一斉上映が行われた日です。日本全国で多くの方が、再生可能エネルギーの可能性について希望を持ったのではないでしょうか。



       千葉上映会では、パーマカルチャー井戸端会議@ちばの小澤龍太郎さんが司会を務めました。映画上映後は、自然エネルギー千葉の会の森田から活動報告をさせていただきました。また、同じく千葉の会の薬師神麻美さん、宋石林さん、阿部峰志さんからも活動報告をいただきました。



       活動報告後、会場の2人の方からお話をいただきました。お一人は「印西で自然エネルギーの会をつくりたい」とのお話、もう一人は成田の農家の方で、「百姓は何でも自分でつくる。自分で太陽光パネルを取り付け、エネルギーも自給したい」と発言されました。



       この映画は鑑賞して終わりではありません。映画の問題提起を受けて、私たちに何ができるのかを語り合ってこそ意味を持ってきます。

       私たちは2月25日(土)、生涯学習センター・大研修室で「映画感想語り場」を開催します。発題者として特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所(飯田哲也所長)の主席研究員、松原弘直さんをお呼びします。映画をご覧になった方も、そうでない方も、ぜひご参加下さい。(詳細はまた連絡いたします。)



       上映会を締めくくった後は、近所のカフェ・トレジャーリバーブックカフェに移動してスタッフ+αで懇親会。これまでの苦労を慰労しました。スタッフのはじける笑顔が、何より上映会の成功を物語っていました。

       スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

      ベイタウン朝市のお手伝い

      0
         11月12日、千葉市・海浜幕張地区で開かれた「ベイタウン朝市」のお手伝いに行って来ました。

         このベイタウン朝市は幕張ベイタウン商工会が主催しているもので、千葉県産の新鮮な野菜や特産品、美味しい魚介類(水産加工品)を販売する地産地消のイベントで、およそ隔月に1回開かれているものです。

         自然エネルギー千葉の会会員の冨田さんの紹介で、数名が運営のボランティア・スタッフをやりました。

         有機野菜の生産・販売に取り組んでいる農家さんや、節水・省エネのコンサルタントをしている人など、様々な活動をされている人びとと出会うことができました。

         おいしい野菜や食べ物にもありつけて、大満足でした。(森田)

        20111112_001.JPG

        花屋さん


        20111112_002.JPG

        会員の柴田くんの「ヒヨコ農場」も出店


        20111112_003.JPG

        パン屋さん


        20111112_004.JPG

        渋柿染め


        20111112_005.JPG

        子ども工作教室で風車を作りました


        20111112_006.JPG

        子どもサッカー教室も


        「幸せの経済学」上映会に行って来ました

        0
           10月30日(日)、船橋市勤労市民センターにて「幸せの経済学」上映会が行われました。主催は船橋「幸せの経済学」上映実行委員会。共催・ナマケモノ倶楽部。

          20111030_001.jpg


           なんと! 会場の収容人数限界117名が、知人の紹介、HPやブログ、船橋市広報、メーリングリストの呼びかけで集まりました! 僕は当日スタッフとして会場設営から参加しました。

           映画の監督はヘレナ・ノーバーグ・ホッジ。既に再生可能エネルギーへ舵を切っているスウェーデンで、彼女はローカリゼーション運動を行っています。内容は開発という名の消費文化に翻弄されるラダックの人々を追い、世界の環境活動家たちが「本当の豊かさ」について僕たちに問いかけています

           今回、上映会としては異色の2部構成! 映画鑑賞の後の討論会にも多くの方が参加して熱心に語り合いました。

          20111030_002.jpg

          主催者の竹内良一さん


           元気を出すには良い事例をたくさん知ることが大切。スローライフは意外と忙しい。「忙」という字は「心を亡くす」と書きますが、心を取り戻していきましょう、と挨拶しました。

           上映前のスロートークでは、

          20111030_003.jpg

          お母さんコミュニティの千勝里美さん


           3・11の震災で東京の職場から帰宅困難になった時、幼稚園の子どもの面倒を知り合いが見てくれて安心した。お母さん同士つながって、共存したいと話してくれました。

          20111030_004.jpg

          佐倉で半農半Xを実践している村上忠さん


           雑草を取らない自然農は収穫も少ないけど、完璧を求めると問題を生む。大雨の時は雑草が土の流出を防いでくれる。などスライドを交えて、自然農の意味を楽しく教えてくれました。

          20111030_005.jpg

          自然エネルギー千葉の会の森田一成さん


           自分たちの生活を変えたいなら、自分たちの手で行動して変えていきたいと、イベントへの取り組みを紹介しました。

          20111030_006.jpg

          スローコーヒー八柱代表の小澤陽祐さん


           NGO活動からスロービジネスを起業した顛末を話してくれました。小澤さん、スローなコーヒーありがとうございました!

           そのほか、多くの報告・紹介・アピールがありました! 上映が終わって、スローコーヒーやオーガニックのハーブティーをおいしくいただきました!

           映画上映も終わり、16時より参加者によるトークセッション開始! テーマ別に「自然エネルギー」「子育てパパ・ママ」「スロービジネス」「自然農」に分かれ、僕は「自然エネルギー」に参加しました。途中、席替えもありましたが、大いに盛り上がり会場が閉まる19時まで続きました。

          20111030_007.jpg


           「自然エネルギー」のサークルでは、各自の様々な取組や疑問・展望の発言がありましたが、自然農の村上さんの奥様が参加することで、ヒートアップ! 自然農の経験から、「私たち人間も一つの自然である」と教えてくれました。空気や食糧の取り込み、消化・排泄まで自然の一部であると。

           どう生きるのかという話から、テーマが「愛」になりました。奥様が「私は旦那様を愛していて、毎日幸せ! だから何時死んでもいいの!」というものですから、ぬぁんだとぅぅぅ!「パートナーに出会えず孤独に死んでく人間どう? 僕は、恋人に出会うまで絶対に死なない」と反論。生きること、子どもを育てること、人と人とが信頼関係でつながっていくこと、必要な食糧・環境・エネルギー、全部つながっているんですね。

           一時でも同じように考え、一所懸命な人と話せた喜び。多くの人が感じたんじゃないでしょうか?

           そんな、時間と並行して、会場隅ではお母さん参加者への対応で設けられた、託児ブース。ここでも有意義な時間がありました。子どもたちが、描いた絵で紙芝居をしたいと提案したのです。すごいよ!

          20111030_008.jpg


           最後の最後に、ほほえましいプレゼントありがとう!

           本当にあっという間の時間でした。主催の実行委員会や多くの参加者のみなさん、有意義な時間をありがとうございました。(阿部)

          「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の報告

          0
             9月18日、千葉市生涯学習センターでの「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」報告です。

             学習会には22名が参加し、倉阪先生の講義をうけ、質疑応答なども活発に行われました。



             倉阪先生からは次の4つのパートに分けて、わかりやすく説明いただけました。
            1.時代背景
            2.永続地帯研究
            3.千葉市での再生可能エネルギーの導入可能性
            4.再生可能エネルギーによる原発代替可能性

             最後に質疑応答が行われました。

             広範囲で充実した勉強会でした。大まかに千葉県内では、地熱発電は不適格。地熱・バイオマスは事業規模が大きすぎる。千葉市内だと風力の適合地がなかなか見当たらない。小水力は申請が難しい。など私たち「自然エネルギー千葉の会」が具体的に何ができるのか検討するうえで大変貴重な情報もいただきました。

             内容が、非常に貴重で広範囲なため、コンパクトにまとめて記事にすることが難しく、「倉阪教室ノート」として、順次アップいたします。

             学習会のあと「トレジャーリバーブックカフェ」にて行われた2次会は大いに盛り上がりました。宝川さん他、スタッフのみなさんありがとうございました。地産地消をテーマにし、千葉の食材にはこだわりましたが、最後は、調理のまごころ。大変美味しく料理をいただきました。



             また、参加者が沢山質問できたのは、倉阪先生の気さくな人柄にもありました。大学の教授が「自転車で汗をかきながら移動」しているのは、非常に親近感があり、同時に、真のインテリジェンスを感じました。

             第一回目の勉強会でしたが、具体的に何ができるか、力を合わせて創造していく、第一歩になったと感じています。(阿部)

            「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の動画です

            0
               9月18日に開かれた「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の動画です。参加したかったけど、用事があって参加できなかった人にどうぞ。参加した人も復習できます。

               報告記事については、また後日にアップします。(森田)















              第3回ミーティングを開催しました

              0
                 皆さま、こんにちは。少し報告が遅れましたけど、8月4日(木)に自然エネルギー千葉の会(仮称)の第3回ミーティングが開かれました。

                 この日も2名の新しい参加者がありました。毎回参加者が増えて、嬉しいかぎりです。千葉の会も本格的に始動という感じがしますが、同時にいろいろ課題も見えてきました。

                 ミーティングでは、9月18日開催の市民勉強会について、ブログについて、今後の運営について等々が話されました。

                (1)市民勉強会について

                 9月18日(日)に開催する市民勉強会は以下のようにきまりました。(また後日正式にリリースします。)

                名称 ◆ 放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活
                日時 ◆ 9月18日(日)16時00分〜17時45分
                会場 ◆ 千葉市生涯学習センター
                講師 ◆ 倉阪秀史さん(千葉大学法経学部教授)

                (2)会のホームページ(ブログ)について

                ・有料サービスにして、広告を外すこと。
                ・ツイッターで会員の声を表示すること。

                (3)今後の運営について

                ・会員が増えてきたことにともない、ミーティングを他の場所で行うことも検討する。
                ・イラスト制作、QRコード作成を分担。
                ・小水力発電として水車を木材(間伐材)で作り、設置。用水路や側溝等、申請が簡単にできるところで着手する。
                ・次回ミーティングは8月28日(日)、八街市の千葉産直サービスさんで行ないます。バーベキューなどをしながらのミーティングとなります。詳しくはまた後日お知らせします。 (森田)

                第2回ミーティングを開催しました

                0
                   7月24日(日)、トレジャー・リバー・ブック・カフェにて自然エネルギー千葉の会(仮称)の第2回ミーティングが開かれました。前回より参加者も増えて、会は着実に歩んでいることを実感させてくれました。

                   ミーティングでは千葉大学教授の倉阪秀史氏の「再生可能エネルギーによる原子力発電代替プランver.2」をテキストに、原子力と再生可能エネルギーについて簡単な勉強会を行いました。(テキストについてはこちらで公開されています。)

                   またミーティングでは、前出倉阪先生を招いての「市民勉強会」について大枠を決めました。正式にはまた後日リリースしますが、大枠を説明しますと、日時は9月18日(日)15時30分からにすること、その後懇親会を開き食事をしながら交流・討論することなどを決めました。詳細は未定ですが、皆さまよろしくお願いします。

                   自然エネルギー千葉の会のメーリング・リストを作成しました。ML参加希望の方は、renewable.energy.chibaアットgmail.comまでメールをください。

                   会の正式名称はまだ決まりませんでした。「(仮称)がついたままでもいいじゃないか」という意見も多かったです。

                   ブログやフライヤーに使うイラスト、写真、ロゴデザインなども大募集しています。前出メールアドレスに送ってただけるとうれしいです。その他、自然エネルギーに関わるあらゆるアイデアを募集していますので、よろしくお願いします。

                   次回ミーティングは、8月4日(木)20時から、トレジャー・リバー・ブック・カフェにて行います。初めての平日開催ですが、ふるってご参加ください。(森田)

                  自然エネルギー千葉の会(仮称)キックオフ・ミーティングを開催しました

                  0
                     7月10日、千葉県内の有志が集って、自然エネルギー千葉の会(仮称)のキックオフ・ミーティング(準備会会合)を開催しました。

                     私たちは原子力にも、化石燃料(石炭、石油、天然ガス等)にも頼らない、自然エネルギー・再生可能エネルギーを市民自身の手で創り出すことを目標に集いました。

                     ミーティングでは、(1)千葉大の倉阪秀史教授をチューターとした市民勉強会を行うこと、(2)放射線被ばくや原子力発電所について話し合える場をつくること、とくに女性や子どもも参加できるものにしていくこと、(3)エネルギーをキーワードにネットワークをつくっていくこと、などを話し合いました。

                     具体的には、(a)会の名称を公募する、(b)会のメーリングリストを作成する、(c)会合はカフェを利用する、などを決めました。

                     会の名称を公募で決めるというように、会の運営はなるべくオープンにしたいと思います。「遊び」や「隙間」があった方が楽しいものになるというように考えてのことです。

                     自然エネルギー千葉の会(仮称)、いよいよキックオフです!(森田)



                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                      ECOXIA International
                    • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                      石井一行
                            

                    profile

                    書いた記事数:130 最後に更新した日:2017/07/14

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode