映画『第4の革命』について思うこと

0
     この度上映会を行うドキュメンタリー映画『第4の革命 ―エネルギー・デモクラシー』について、いくつかの質問・疑問を受けましたので、私たちの思うところをお話しします。

     当然のことですが、映画は「答え」ではありません。この映画が「絶対正しい」とは限りませんし、受け取り方は観客の自由です。ここでは、ある種の「とっつきづらさ」を取っ払ってもらうために、言葉を添えたいと思います。


    映画の1シーン


    Q.フライヤーを見ても、予告編を観ても、何を描いた映画なのかよくわからない。

    A.描かれているのは、“希望”だと思います。

     3月11日発生した東電福島第1原子力発電所の事故によって、私たちは未曽有の原子力災害を経験しました。一方、火力発電所に依拠したエネルギー生産は化石燃料を使い尽くし、二酸化炭素の排出によって地球温暖化を招きました。

     私たちの生活を支えるエネルギーを生み出すことと、地球環境の存続は根本的に相容れないのでしょうか? この疑問にに対する答えの一つが「再生可能エネルギー」なのです。

     化石燃料などの枯渇性資源に頼らず、環境に負荷を与えない再生可能エネルギーは、現に世界大で広がりつつあります。

     それが「第4の革命」という希望の道なのだと思います。


    電気がなかった村に太陽光パネルを設置する(マリ共和国)


    Q.そもそも「第4の革命」とはどういう意味?

    A.再生可能エネルギーによるエネルギー革命のことを指します。

     環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長は、農業革命、産業革命、情報革命に次ぐ第4の革命なのだ、と指摘しています。

     農業の発明によって、人類は比較的安定的に食料を得ることができるようになりました。蒸気機関を動力とする産業革命は、人口の爆発的増大を実現し、近代社会を支えました。情報革命は世界の結びつきをより一層強くし、グローバル社会を生み出しました。

     それらに続くエネルギー革命によって、化石燃料に依存した大量消費社会から持続可能社会への転換が「第4の革命」なのです。


    太陽光パネル製作の職業訓練(バングラデシュ)


    Q.「エネルギー・デモクラシー」とは?

    A.市民自らがエネルギーを創る、またはエネルギー政策を決めることです。

     (大規模ダムによる)水力発電所、火力発電所、原子力発電所ともに大規模集中型の施設です。それに対して再生可能エネルギーは、原理がシンプルで、極めて小規模から運営できる自立・分散型の施設です。市民自らが、あるいはローカル・コミュニティがエネルギーを創ることができるのが、再生可能エネルギーなのです。

     日本では、エネルギー政策は国と大電力会社が決めていました。その結果が福島の災害であり、「計画停電」です。民主主義の感覚とはほど遠いものではないでしょうか。

     小規模分散型の再生可能エネルギーは、コミュニティごとに市民自らが計画し、諸々のことを決め、実行していくことになります。その過程で、議論し、意見調整を行い、自分たちの意思を決定することになります。

     再生可能エネルギーをめぐる市民の関わり合いが、生きた民主主義になるのではないでしょうか。(森田)

    『第4の革命』上映会を行います

    0
      20111222.jpg


       2012年1月14日(土)、『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』の上映会を行います。パーマカルチャー井戸端会議@ちばさんとご一緒しての開催です。

       この映画はドイツを脱原発決定へと導いたと言われています。2010年にはドイツ全土で上映され、ドキュメンタリーとしては異例の13万人を動員、ドイツで2010年最も観られたドキュメンタリー映画となりました。

       詳しくはこちら

       3・11の東電福島第一原発事故後にはテレビ放映され、200万人が視聴し、一気にドイツの再生可能へのエネルギーシフトを決断させることとなります。

       この映画は企業がスポンサードするだけでなく、個人、団体が映画製作に加われる機会を提供してきました。1,000ユーロ以上を協賛するサポーターが160団体、2万ユーロが20スポンサー、15万ユーロ以上を協賛するメインスポンサーが1社、そして50万ユーロ以上を提供したインベスターが1社集まったそうです。

       またドイツでは、映画をエネルギーの自立のための道具として使い、様々な団体が映画上映とともに、講演会、パネルディスカッション、ワークショップ等を企画しました。結果、180都市で4000にも及ぶ上映イベントが展開されました。

       この度の上映会でも、後日映画感想討論会を開催します。(詳細はまた未定ですが。)

       予告編です↓



      『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』上映会

      日時 ● 2012年1月14日(土)
           18:15 会場&受付開始
           18:40 上映開始
           上映終了後、意見交換&交流会あり
      場所 ● 千葉市生涯学習センター・ホール
           http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html
      主催 ● パーマカルチャー井戸端会議@ちば + 自然エネルギー千葉の会
      料金 ● 前売り1500円、当日1800円、学生1000円、小学生以下無料
      お問い合わせ&お申込み
           E-mail:perma.idobataアットgmail.com
               enewable.energy.chibaアットgmail.com
      特典 ● 上映会の詳細をフェイスブックでシェアしてくれた方は当日100円バックの特典あり!
           100円バックには、当日会場受付にてシェアしたことをお伝え下さい。(森田)

      次回ミーティング(第10回ミーティング)のお知らせ

      0
         皆さま、こんにちは。

         12月3日(土)19時より、自然エネルギー千葉の会第10回ミーティングを行います。

         年の瀬となり、皆さまお忙しい時分とは思いますが、何とぞよろしくお願いします。

         会場は、同じく千葉市民活動センター小会議室です。(森田)

        自然エネルギー千葉の会第10回ミーティング

        日時 ● 12月3日(土) 19:00〜
        場所 ● 千葉市民活動センター小会議室
             千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティ1階




        海浜幕張のマイクロ水力発電所見学会を行います

        0
          20111125.jpg


           12月7日(水)、海浜幕張にあるマイクロ水力発電所の見学会を行います。

           これは東京発電株式会社が行なっている事業で、千葉県水道局幕張給水場(千葉市美浜区若葉)内の水道の力を利用した小規模の水力発電です。

           大規模な水力発電はダムで行いますが、大きなダム建設は自然破壊をともないますので、これ以上日本で建設するのは難しいです。中小規模の自然破壊をともなわない水力発電は、再生可能エネルギーの有力な一つとして期待されています。

           小水力発電についての詳しい説明は、「小水力利用の基礎知識」をご覧ください。

           見学会は午前10時から1時間程度です。JR海浜幕張駅で待ち合わせを行います。改札口を出て、北側(メッセアミューズモールのある方)のロータリー付近に、午前9時30分集合です。そこから車で分乗して目的地に向かいます。

           危険をともなう場合がございますので、小さなお子様のご見学はできません。ご了承ください。

           平日ではありますが、貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。連絡は080-3064-6488(東)、または080-5417-6948(森田)まで。

           またこの日は、幕張メッセで「第6回再生可能エネルギー世界展示会」が開催れているので、希望者で午後ツアーを行います。

           入場無料ですが、お申込み(事前登録)はWebサイトからフォームで行う必要があります。各自でお申込みください。お申込みフォームはこちら

          第9回ミーティングの告知です

          0
             皆さま、こんばんは。

             11月19日(土)19時より、自然エネルギー千葉の会第9回ミーティングを行います。

             マイクロ水力幕張発電所見学、再生可能エネルギー世界展示会。上総掘りボランティアの報告、親子電気教室などを話し合いたいと思います。

             会場は、千葉市民活動センター小会議室です。よろしくお願いします。(森田)

            自然エネルギー千葉の会第9回ミーティング

            日時 ● 11月19日(土) 19:00〜
            場所 ● 千葉市民活動センター小会議室
                 千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティ1階




            第7回ミーティングのお知らせ

            0
               皆さま、こんにちは。

               10月22日(土)13時より、自然エネルギー千葉の会第7回ミーティングを行います。

               上総掘り(伝統的な掘り抜き井戸の工法)への参加、マイクロ水力発電所「幕張発電所」見学会、『幸せの経済学』上映会への協力などについて話し合いたいと思います。

               ミーティングの会場は千葉市民活動センターです。第2回〜第5回ミーティングに使用していたTRBCではありませんので、ご注意ください。

               ここは、ボランティア活動やNPO活動などを支援する施設です。コーヒーなども無料で提供されていますので、とても使い勝手がよいところです。(飲み物はカンパを募ってます。)



               今後、当面この施設を使用したいと思っています。(森田)

              自然エネルギー千葉の会第7回ミーティング

              日時 ● 10月22日(土) 13:00〜
              場所 ● 千葉市民活動センター小会議室
                   千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティ1階




              千葉・船橋『幸せの経済学』自主上映会のお知らせ

              0
                 会員の竹内良一さんが中心となって、映画『幸せの経済学』の自主上映会を行います。皆さま、ぜひお出かけください。



                【『幸せの経済学』あらすじ】

                ― ラダックに迫る近代化の波 ―

                 急速なスピードで世界的に広がった近代化の波は、30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックにも押し寄せていました。西欧の消費文化はあっという間に彼らの伝統的な生活スタイルを一変させ、自然との関わりを切り離し、人との繋がりを希薄化させることにより、彼らのアイデンティティーや伝統文化の誇りまでも奪っていきました。その証拠に、昔はいきいきと目を輝かせて暮らしていたラダックの人びとが、10年後には「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、貧しいんだ。支援が必要だ」と訴えるようになったのです。

                 この映画では、消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、本当の豊かさとは何か、を説いていきます。

                ― 答えはローカリゼーションにある ―

                 監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんは、その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対局にある「ローカリゼーション」を提案していきます。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります。実際に世界では、「本当の豊かさ」を求め、持続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティの構築が世界的に広がりつつあります。この映画の中では、日本の小川町での取り組みやキューバで起こったオイル・ピークについてのサステナブルソリューションについても取り上げています。

                 行き過ぎたグローバル経済から脱却し、持続可能で幸せな暮らしをどう作っていくべきなのか。そのヒントは日本の伝統文化の中にもあるのではないでしょうか。彼女はその気づきを我々に与えてくれるでしょう。

                ●千葉・船橋『幸せの経済学』自主上映会

                【日程】
                10月30日 開場13:00、開演13:30
                     (映画本編上映時間 68分)
                     交流会16:30〜(18時終了予定)

                【スローな仲間トークゲスト】
                交流会に先だち、千葉でスローでローカルな活動をしている方々に話をしてもらいます。
                ・子供たちを守るお母さんコミュニティ(お名前はこれから掲載)
                ・自然農(村上忠さん:佐倉で半農半X)
                ・スロービジネス(小澤陽祐さん:スローコーヒー八柱代表)
                ・自然エネルギー千葉の会(森田一成)

                【会場】
                船橋勤労市民センター(JR船橋駅より徒歩5分)
                http://funabashi-ksc.or.jp/index.php?id=2

                【参加費】
                当日1200円、予約1000円

                【ブログ】
                http://d.hatena.ne.jp/chiba-slow/

                【申込】
                chiba.slowアットgmail.com
                ナマケモノ倶楽部:TEL&FAX 03-6661-0898

                【主催】
                船橋『幸せの経済学』上映実行委員会

                【共催】
                環境=文化NGOナマケモノ倶楽部
                http://www.sloth.gr.jp/

                次回ミーティングのお知らせ

                0
                   遅くなりましたが、次回ミーティングのお知らせです。お忙しいとは思いますが、皆様のご参加心からお待ちしております。

                  ■自然エネルギー千葉の会第6回ミーティング

                   日時 ● 2011年10月8日(土) 午後7時〜午後9時
                   場所 ● 千葉市民活動センター小会議室
                        千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティ1階
                        http://bit.ly/acjq8I
                        ※車の方は、千葉市役所の駐車場が30分50円で安いそうです。


                  再びの告知 「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」

                  0
                     自然エネルギー千葉の会・第5回ミーティングを受けて、再び「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の告知です。

                     残席はまだありますが、定員30名ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。東(080-3094-6488)、森田(080-5417-6948)または renewable.energy.chibaアットgmail.com まで。

                    Fryer.jpg


                     遅ればせながら、ポスターができました。画象をクリックしていただくと、PDFをダウンロードできるページに行きます。ご希望の方はダウンロードしてお使いください。

                     資料代として600円をいただきますが、当日の経費に使用した後の余剰金につきましては、今後の自然エネルギー千葉の会の活動に使わせていただきます。ご了承ください。

                     当日は懇親会もございます。こちらも要予約ですが、残席少しございます。お早めにお申し込みください。会費は飲み物代込みで3500円です。(変更しましたのでご注意ください。)

                     会場はTREASURE RIVER BOOK CAFE(千葉市中央区登戸1-11-18 潮第2ビル102号室)です。



                     皆さまのご来場をお待ちしています。

                    ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会

                    0
                       皆さま、こんにちは。

                       自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティングのお知らせです。次回ミーティングでは、これまでと違い野外でバーベキューをしながらの会合を開きます。題して、「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」。

                       自然エネルギー千葉の会(仮称)のミーティングなのですが、エネルギーの話は食や農の話と密接に結びついているし、環境のこと、生活のこと、社会のことetcと切り離すことができません。

                       ウグイスの鳴き声が聴こえる豊かな自然の中で、諸々のことを考えようという趣旨です。

                       趣旨にのっとりなるべく地産地消のバーベキューにします。千葉県産の野菜・食材だけでなく、県産の炭、県産の調味料、県産のお米を使用。希望者のみですが県産のお酒もあります。

                       また、ベジタリアンの方にも対応したメニューにします。

                       夏休み最後のレジャーとしても最適だと思います。

                      ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会【自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティング】

                      日時 ● 午前10時〜(解散午後3時予定)
                      会費 ● 1000円
                      持ち物● 食器・お箸・グラス・飲み物は各自持ってくること
                      場所 ● 千葉産直サービス産地事業部 千葉県八街市根古谷565-1

                      (※)車で分乗して行く用意をしています。希望者は森田(080-547-6948)、東(080-3094-6488)まで。メールでも受け付けます。( renewable.energy.chibaアットgmail.com)


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
                        So Seki-Rin
                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:142 最後に更新した日:2019/02/02

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode