自然エネルギー白書をひもとく会を開きました

0
     11月30日、「自然エネルギー白書をひもとく会」が開催されました。主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、会場はトレジャーリバーブックカフェ。

     講師は、自然エネルギー白書の編集責任者で、NPOえねちば顧問の松原弘直さんです。松原さんは、プロジェクターで資料を照射しながら説明。最新情報をふまえて、自然エネルギーの現在の状況を解説します。

    20141210_001.jpg


     2012年からスタートした固定買取制度により、大規模水力以外の自然エネルギーによる発電量は、2013年度の時点で国内全体の約5%に達したこと、この勢いは止まらず、2014年8月末現在で約7200万kWが設備認定されていることを指摘。

     九州電力および東北電力管内では、設備認定ベースで全発電設備の7割を超え、九州電力では導入量も全発電設備の2割を超えており、これが各電力会社の「接続保留」へと繋がったことが明らかにされました。

     こうした状況をふまえ、経産省の審議会である総合資源エネルギー調査会の新エネルギー小委員会に系統ワーキンググループが設置されることとなりましたが、自然エネルギーをベースとした系統運用=送電網の整備が求められています。

     この他、先行するヨーロッパの事例、各発電種別ごとの導入状況と課題、熱利用の重要性などが提起されました。

    20141210_002.jpg


     参加者からは、「自然エネルギー100%社会は本当に可能なのか」「水素エネルギーに対する評価は」「海洋エネルギー利用は進んでいるんか」「金融機関の再エネへの理解が進まないと事業が広がらない」などの質問、意見が出ました。

     活発な議論で、大いに盛り上がったひもとく会。課題も多いが、自然エネルギーが着実に広がっていることを実感させるワークショップでした。スタッフの皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。(森田)

    ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けて実施されました。

    風の力で電気がついた! おやこエネルギー教室を開催

    0
      風の力で電気が点いた! おやこエネルギー教室を開催

      20141020_001.jpg


       10月12日、千葉市幕張勤労市民プラザで「おやこエネルギー教室」が開かれました。主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、千葉市幕張勤労市民プラザ(指定管理者Fun Space・オーチュー共同事業体)、協力は東京理科大学川村研究室、おやこカフェ幕張です。

       今年のおやこエネルギー教室は、工作を通じてエネルギー、電気を学びます。工作では、「サボ二ウス型」風力発電機を作りました。サボ二ウス型風力発電機とは垂直軸の風力発電機。円筒を2つに切って、ずらした形をしています。

       講師は東京理科大学4年生の水谷紫苑さん。サボ二ウス型風力発電を研究する同大学川村康文教授の研究室の学生さんです。

      20141020_002.jpg

      講師の水谷紫苑さん


       水谷さんはプロジェクターを使って、「エネルギーとは何か」を説明します。エネルギーは、運動エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギー、光エネルギー、核エネルギーなどに姿を変えること、とくに電気エネルギーは私たちの生活になくてはならないことを説きました。

       火力発電は化石燃料に限りがあること、CO2を排出し地球温暖化を招いてしまうこと、原子力発電は核物質の扱いが難しく、ひとたび事故が起こると甚大な被害が起こってしまうことを指摘します。

       そんな中、太陽光発電や風力発電などのCO2を排出しない自然エネルギーが注目されていると語ります。

       サポニウス型は小型風力発電の一種で、垂直軸が特徴です。発電量は大きくはありませんが、静音性から都市に設置できるので、門灯や緊急用電源としての活躍が見込まれます。

       さて、座学の後は工作開始です。一見簡単そうなキットですが、お母さん、お父さんも苦闘しています。ああでもない、こうでもないと言いながら、皆さんようやく完成! 「風を当てて発電!」となりますが、なかなか電気が点きません。

      20141020_003.jpg

      ひとりでできるかな


       もう一度配線をやり直して、扇風機で風を強く当てると、「点いた!」 自分で工作した発電機が発電すると、感動もひとしおです。

      20141020_004.jpg

      やっと完成!


       水谷さんは、発電というものがどれだけ大変か、電気がいかに大切か、身を持って感じられたのではと指摘しました。

       みんなで楽しく工作し、エネルギーの基本が学べた教室だったと思います。なお、この教室には共同通信社さんが取材に来られました。

      20141020_005.jpg

      取材を受ける参加者


       参加者の皆さん、ご参加ありがとうございました。東京理科大学川村研究室の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。(森田)

      (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)

      エネルギー・カフェ2014の動画です

      0
        8月10日に、NPOえねちば主催で開かれました「エネルギー・カフェ2014 地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」の動画です。

         参加したくても参加できなかった方、参加したけれども復習したい方に最適です。

         国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長・江守正多さんのお話は、地球温暖化問題を考える上で、入門編としても役に立ちますし、深く考えたい方にも答えています。

         ぜひ、ご活用ください。(森田)

        江守正多さんの問題提起








        セッション1(質疑応答)






        セッション2(質疑応答・まとめ)





        今年も大人の修学旅行をやりました

        0
           8月23日(土)、24日(日)の2日間、NPOえねちば恒例の夏合宿「大人の修学旅行」を行いました。



           今回は千葉県匝瑳市にあるNPO法人SOSA Project(匝瑳プロジェクト)のシェアハウス・まりりんの古民家におじゃましました。



           SOSA Projectというのは、千葉県匝瑳(そうさ)市の「アルカディアの里」を中心に、都市山村交流を通じての農作業や里山保全をしている団体と活動です。地域住民の方々と一体となって仕事を創り、Iターンを増やし、地域の文化・伝統・技術を継承し、地域のお役に立つことをしているのだそうです。



           詳しくはこちらをご覧ください。 → SOSA Projectとは?



           23日午後から、竹内良一さんを講師にTLUDストーブとロケットストーブの勉強会です。「TLUD」とは「Top-Lit Up-Draft」の略で、簡単に言うと一次燃焼で発生したウッドガスを缶の内外隙間で加熱し上部穴から噴出させ再燃焼させる方式です。



          20140826_001.jpg




           ロケットストーブはご存じの方も多いと思いますが、強力な吸い上げ能力を持つ煙突を持ち、焚き口から煙が出ないのが特長の簡易薪ストーブです。



           夕方は、お庭でバーベキュー。SOSA Projectの方も参加して、わいわい、ガヤガヤ、飲んだり食べたり楽しみました。しまいにゃ、花火までやってしまいました。



          20140826_002.jpg


          ロケットストーブ+ダッチオーブンは最強のタッグ




          20140826_003.jpg




           日が落ちてからのTLUDストーブの炎はとても美しかったです。



           翌日は孟宗竹を使ったロケットストーブ(竹だと燃え尽きてしまうのでその名を「あしたのジョー型」と言います)の試作、断熱材を土で代用したボルケーノ型(火山型)ロケットストーブの製作を行いました。



          20140826_004.jpg


          ボルケーノ型ロケットストーブ




          20140826_005.jpg


          竹製ロケットストーブ




           午後からは、大網白里市に移動して、千葉みらい電力が事業主体となって準備している「大網白里市民発電所」の予定地を視察しました。



          20140826_006.jpg




           その後は、すぐそばにある白里中央海水浴場で泳ぎました。気温は高いのですが、海水は冷たいです。もう夏も終わりですね。



          20140826_007.jpg




           1泊2日、とことん遊んだ(?)修学旅行でした。えねちばメンバーの皆さん、お疲れさまでした。SOSA Projectの皆さん、まりりんさん、本当にありがとうございました。(森田)

          エネルギー・カフェ2014「地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」を開催

          0
             8月10日、エネルギー・カフェ2014「地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」が開催されました。会場は千葉市にあるカフェ、トレジャーリバーブックカフェです。(主催はNPOえねちば。)

             問題提起者(メイン・スピーカー)は、国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長の江守正多さんです。

            20140822_001.JPG

            江守正多さん


             江守さんはプロジェクターを使って、わかりやすい図解をもとに地球温暖化気候変動のメカニズムについて説明してくれました。

             (ちなみに、プロジェクターを写すスクリーンは竹と布を使って自作し、電源は太陽光発電で充電したバッテリーを使用しました。エネルギー・カフェ初回からのこだわりです。)

             江守さんは、「温室効果ガス濃度と世界平均気温・海面水位は20世紀に急激に上昇している。20世紀半ば以降の世界平均気温上昇の半分以上は、人為起源の要因による可能性が極めて高い」と指摘します。「可能性が極めて高い」というのは、確度95%以上という意味です。

             また、2010年に合意された気候変動枠組条約(COP16)カンクン合意では、「産業化以前からの世界平均気温の上昇を2℃以内に収める観点から温室効果ガス排出量の大幅削減の必要性を認識する」とされたことを指摘しました。

             この「2℃以内」という目標達成のためには、世界全体の排出量を現状に比べて2050年までに半減程度、今世紀後半には世界全体の排出量をゼロか、マイナスにもっていかないといけないのだそうです。

            20140822_002.JPG


             江守さんは、気候変動関連リスクを全体像で捉えることの必要性を指摘します。気候変動の悪影響と好影響、気候変動対策の悪影響と好影響を、それぞれ精査することです。

             また、その悪影響と好影響の出方は、国・地域・世代(現在・将来)・社会的属性(年齢・職種・所得等)によって異なるので、その中で対策の合意形成をしなければいけないことを指摘します。この点が、問題を複雑にしていることがよくわかります。

            20140822_003.JPG

            ISEPの松原弘直さんも参加


             質疑応答では、「太陽黒点の影響は?」「温暖化ではなくむしろ氷河期に向かっているのでは?」という質問が出され、江守さんからは「太陽黒点の活動を計算に入れても、気温上昇の説明がつかない」「現在は間氷期であるが、次の氷期が来るのは3万年後」という回答がありました。

             温暖化ガス削減の対策について、江守さんは、危機を煽って大きな声を上げる運動が「独善的になり、人びとが離れてしまう可能性がある」ことと指摘し、異なる考えを持つ人たちの間での対話の重要性を強調しました。

             エネルギー・カフェ終了後、江守さんを囲んでの懇親会が開かれ、江守さんの人となりにも触れる楽しい対話が繰り広げられました。

             スタッフの皆さん、参加者の皆さん、お疲れさまでした。江守正多先生、有意義なひと時を本当にありがとうございました。(森田)

            20140822_004.JPG

            最後は恒例の記念写真

            アースデイちば2014に出展しました

            0
               5月18日(日)、晴れわたる青空のもと「アースデイちば2014」が開催され、NPOえねちばも出展しました。

              20140522_001.jpg

              会場全体


               アースデイちばは、県内外でエコ活動しているショップ、NGO、学生、ミュージシャン、クラフトマン、有機農家さんなどが多数出店・出展するお祭り。

               NPOえねちば(自然エネルギー千葉の会)では、昨年同様ピコ水力発電システム「たまピコ」をデモ展示しました。

              20140522_002.jpg


               いつものことながら、ちびっ子に大人気のたまピコ。あっという間に行列ができました。上手に水を当てると、水車が勢い良く回り、団扇状のLED電球が点灯します。

               また、オリジナル缶バッチの制作、新しいえねちばパンフレットの配布、東京電力の領収書の見方とアンペアダウンのパネル展示も行いました。

               素晴らしい天気に恵まれ、楽しいイベントとなりました。えねちばブースに遊びに来てくれた皆さま、ありがとうございました。スタッフの皆さま、お疲れさまでした。


              おやこ電気教室の動画です

              0
                 皆さま、あけましておめでとうございます。(新年のあいさつが遅くてすみません。)今年も、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会を何とぞよろしくお願いします。

                 さて、昨年11月24日開かれ、大変ご好評でした「おやこで電気をつくってみよう! おやこ電気教室」ですが、その動画を公開します。

                 当日の楽しさが伝わってきます。参加できなかった人も楽しんでください。(森田)



                おやこ電気教室を開きました

                0
                  「やったー、電気が点いたよ!」子どもたちの元気な声が響きます。一生懸命自転車のペダルをこいだら、LED電球、白熱灯が点灯しました。



                   11月24日、「おやこ電気教室 おやこで電気をつくってみよう」が千葉市幕張勤労市民プラザで開かれました。特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、千葉市幕張勤労市民プラザの共同開催です。(協力:おやこカフェ幕張、ナカザト電気でんこさん)



                  20131129_001.jpg




                   電気教室の先生は小田切隆一さん。長野で電気工事店を営むかたわら、電気やエネルギーに関するワークショップを開いている方です。



                   小田切さんは、電気の特性(貯めておけないこと、必ず一定の電圧・周波数でなければいけないことなど)をやさしく解説。電気がとても便利なエネルギーであると同時に、その供給には大変な努力が注がれていることを示しました。



                   お勉強のあとは、実験開始。自転車を改造した人力発電装置では、ペダルをこいで発電させます。LED電球を点灯させたときと白熱灯を点灯させたときでは必要な力が違うことが体験でき、LEDが節電にたいへん役に立つことがわかります。



                  20131129_002.jpg




                   手回し発電機、ピコ水力発電システム「たまピコ」、ドラえもんの風力発電も実験しました。



                  20131129_003.jpg


                  20131129_004.jpg




                   自然エネルギー千葉の会からは、「みんなが発電機を回した力を太陽のエネルギーを使って行うのが自然エネルギー」という説明をしました。わかってくれたかな?



                   電気とエネルギーのことを子どもたちに体感してもらい、帰宅した後も親子で話し合えるような電気教室になったと思います。子どもたちの楽しそうな様子を見られただけでも大成功でした。



                   参加者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。(森田)



                  (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)

                  エコメッセでパネルディスカッション「千葉から広げる自然エネルギー」を開催

                  0
                    ■パネルディスカッションで討論

                     9月28日、幕張メッセで開催された「エコメッセ2013 in ちば」でパネルディスカッション「千葉から広げる自然エネルギー」が開催されました。主催は、自然エネルギーを広めるネットワークちばとエコメッセちば実行委員会。

                    20131008_001.jpg


                     司会の長谷川弘美さん(ちば市民放射能測定室「しらベル」)、エコメッセちば実行委員会の斎藤清さんの挨拶の後、各パネリストから発言がありました。

                     環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さんからは、豊富な図表とグラフを使い、日本と千葉県の再生可能エネルギーのポテンシャルについて詳しい報告がありました。

                     千葉エコ・エネルギー株式会社代表取締役社長の馬上丈司さんは、千葉大生とともに立ち上げた大学発ベンチャーで、自然エネルギー・省エネルギーのコンサルティング事業を行っていることを報告。

                     オーガニック・エナジー・プロジェクトの浅井英朗さんは、農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングを紹介しました。

                     大多喜町環境水道課課長補佐の三上清作さんからは、大多喜町が進める面白峡小水力発電事業についての説明がありました。

                     株式会社自然エネルギー市民ファンドの加藤秀生さんは、市民ファンド方式で建設された風力発電所について報告しました。

                     また、コーディネーターは自然エネルギーを広めるネットワークちば代表で、NPOえねちば代表理事の森田一成が務めました。

                     会場からの質疑応答も含め、千葉から自然エネルギーを広めるための熱心な討論が行われました。

                    20131008_002.jpg


                    ■自然エネルギーゾーンで展示

                     えねちばは昨年に引き続き、ブース出展も行いました。出展内容は(1)創立から今までの活動をパネルにして展示、(2)書籍『自然エネルギー白書』と『地図で読む再生可能エネルギー』の販売、(3)自作ピコ水力発電システム「たまピコ」の実演・展示を行いました。

                     今年は、自然エネルギーを広めるネットワークちばに参加する団体が集まり、「自然エネルギーゾーン」をつくって展示を行いました。

                     とても慌ただしい1日でしたが、スタッフの皆さん、遊びに来てくれた皆さま、ありがとうございました。(森田)

                    コミュニティ・パワーで自然エネルギーを! 「白書をひもとく会」を開催

                    0
                       8月11日、NPOえねちばはエネルギーカフェ第2弾「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催しました。会場はトレジャーリバーブックカフェ。

                      20130813_001.JPG


                       これは、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所が毎年発行している『自然エネルギー白書』を題材に、自然エネルギーについて包括的に学ぶスタディ・イベントです。講師は同主席研究員で、NPOえねちば顧問の松原弘直さんです。

                       題材は硬い内容ですが、「エネルギーカフェ」というコンセプト通り、参加者がお茶を飲みつつ気軽に話ができるスタイルで行いました。

                      20130813_002.JPG

                      講師は松原弘直さん


                       松原さんは世界的な趨勢として、「自然エネルギーのマーケットは、急成長をとげている。昨年は投資額は減っているが、それは太陽光パネルの単価が下がったため。投資は今までヨーロッパが主だったのが、中国など新興国に移ってきている。日本も自然エネルギーに関しては新興国だ」と指摘しました。

                       欧州各国との比較で、「ドイツの自然エネルギー導入目標は、2020年に39%。2011年には20%の実績を上げている。数年前は6%くらいだった。着実に目標に向けて増やしている。一方、日本の目標値は2020年に14%と低い」としました。

                       再生可能エネルギーは地域主導でこそ意味があるわけですが、地域エネルギー事業に取り組む人びとや組織を支援するために「コミュニティパワー・イニシアチブ」を設立したことが報告されました。

                       コミュニティパワーには「3原則」があると言います。それは以下の3つです。
                      1.地域の利害関係者がプロジェクトの大半もしくはすべてを所有している
                      2.プロジェクトの意思決定はコミュニティに基礎をおく組織によっておこなわれる
                      3.社会的・経済的便益の多数もしくはすべては地域に分配される

                       また松原さんは、つい最近ドイツを訪れたときの報告を行いました。ミュンヘン市エネルギー公社の地熱発電所、自然エネルギー100%自給の村=フェルトハイムの風力発電所やバイオマス発電所(コージェネ)などを説明しました。

                      20130813_003.jpg

                      ドイツの自然エネルギー事業の事例を報告


                       千葉県における再エネ事業の展望についてや、その担い手の育成問題など「リアル」な諸問題について、参加者から活発な意見が出て、エネルギーカフェは大いに盛り上がりました。

                       あっという間に4時間が経ち、必ずエネルギーカフェ第3弾を開く約束が交わされて閉会となりました。松原先生、参加者の皆さん、ありがとうございました。(森田)

                      20130813_004.jpg


                      (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
                        So Seki-Rin
                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:147 最後に更新した日:2019/11/24

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode