今年も大人の修学旅行をやりました

0
     8月23日(土)、24日(日)の2日間、NPOえねちば恒例の夏合宿「大人の修学旅行」を行いました。



     今回は千葉県匝瑳市にあるNPO法人SOSA Project(匝瑳プロジェクト)のシェアハウス・まりりんの古民家におじゃましました。



     SOSA Projectというのは、千葉県匝瑳(そうさ)市の「アルカディアの里」を中心に、都市山村交流を通じての農作業や里山保全をしている団体と活動です。地域住民の方々と一体となって仕事を創り、Iターンを増やし、地域の文化・伝統・技術を継承し、地域のお役に立つことをしているのだそうです。



     詳しくはこちらをご覧ください。 → SOSA Projectとは?



     23日午後から、竹内良一さんを講師にTLUDストーブとロケットストーブの勉強会です。「TLUD」とは「Top-Lit Up-Draft」の略で、簡単に言うと一次燃焼で発生したウッドガスを缶の内外隙間で加熱し上部穴から噴出させ再燃焼させる方式です。



    20140826_001.jpg




     ロケットストーブはご存じの方も多いと思いますが、強力な吸い上げ能力を持つ煙突を持ち、焚き口から煙が出ないのが特長の簡易薪ストーブです。



     夕方は、お庭でバーベキュー。SOSA Projectの方も参加して、わいわい、ガヤガヤ、飲んだり食べたり楽しみました。しまいにゃ、花火までやってしまいました。



    20140826_002.jpg


    ロケットストーブ+ダッチオーブンは最強のタッグ




    20140826_003.jpg




     日が落ちてからのTLUDストーブの炎はとても美しかったです。



     翌日は孟宗竹を使ったロケットストーブ(竹だと燃え尽きてしまうのでその名を「あしたのジョー型」と言います)の試作、断熱材を土で代用したボルケーノ型(火山型)ロケットストーブの製作を行いました。



    20140826_004.jpg


    ボルケーノ型ロケットストーブ




    20140826_005.jpg


    竹製ロケットストーブ




     午後からは、大網白里市に移動して、千葉みらい電力が事業主体となって準備している「大網白里市民発電所」の予定地を視察しました。



    20140826_006.jpg




     その後は、すぐそばにある白里中央海水浴場で泳ぎました。気温は高いのですが、海水は冷たいです。もう夏も終わりですね。



    20140826_007.jpg




     1泊2日、とことん遊んだ(?)修学旅行でした。えねちばメンバーの皆さん、お疲れさまでした。SOSA Projectの皆さん、まりりんさん、本当にありがとうございました。(森田)

    エネルギー・カフェ2014「地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」を開催

    0
       8月10日、エネルギー・カフェ2014「地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」が開催されました。会場は千葉市にあるカフェ、トレジャーリバーブックカフェです。(主催はNPOえねちば。)

       問題提起者(メイン・スピーカー)は、国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長の江守正多さんです。

      20140822_001.JPG

      江守正多さん


       江守さんはプロジェクターを使って、わかりやすい図解をもとに地球温暖化気候変動のメカニズムについて説明してくれました。

       (ちなみに、プロジェクターを写すスクリーンは竹と布を使って自作し、電源は太陽光発電で充電したバッテリーを使用しました。エネルギー・カフェ初回からのこだわりです。)

       江守さんは、「温室効果ガス濃度と世界平均気温・海面水位は20世紀に急激に上昇している。20世紀半ば以降の世界平均気温上昇の半分以上は、人為起源の要因による可能性が極めて高い」と指摘します。「可能性が極めて高い」というのは、確度95%以上という意味です。

       また、2010年に合意された気候変動枠組条約(COP16)カンクン合意では、「産業化以前からの世界平均気温の上昇を2℃以内に収める観点から温室効果ガス排出量の大幅削減の必要性を認識する」とされたことを指摘しました。

       この「2℃以内」という目標達成のためには、世界全体の排出量を現状に比べて2050年までに半減程度、今世紀後半には世界全体の排出量をゼロか、マイナスにもっていかないといけないのだそうです。

      20140822_002.JPG


       江守さんは、気候変動関連リスクを全体像で捉えることの必要性を指摘します。気候変動の悪影響と好影響、気候変動対策の悪影響と好影響を、それぞれ精査することです。

       また、その悪影響と好影響の出方は、国・地域・世代(現在・将来)・社会的属性(年齢・職種・所得等)によって異なるので、その中で対策の合意形成をしなければいけないことを指摘します。この点が、問題を複雑にしていることがよくわかります。

      20140822_003.JPG

      ISEPの松原弘直さんも参加


       質疑応答では、「太陽黒点の影響は?」「温暖化ではなくむしろ氷河期に向かっているのでは?」という質問が出され、江守さんからは「太陽黒点の活動を計算に入れても、気温上昇の説明がつかない」「現在は間氷期であるが、次の氷期が来るのは3万年後」という回答がありました。

       温暖化ガス削減の対策について、江守さんは、危機を煽って大きな声を上げる運動が「独善的になり、人びとが離れてしまう可能性がある」ことと指摘し、異なる考えを持つ人たちの間での対話の重要性を強調しました。

       エネルギー・カフェ終了後、江守さんを囲んでの懇親会が開かれ、江守さんの人となりにも触れる楽しい対話が繰り広げられました。

       スタッフの皆さん、参加者の皆さん、お疲れさまでした。江守正多先生、有意義なひと時を本当にありがとうございました。(森田)

      20140822_004.JPG

      最後は恒例の記念写真

      アースデイちば2014に出展しました

      0
         5月18日(日)、晴れわたる青空のもと「アースデイちば2014」が開催され、NPOえねちばも出展しました。

        20140522_001.jpg

        会場全体


         アースデイちばは、県内外でエコ活動しているショップ、NGO、学生、ミュージシャン、クラフトマン、有機農家さんなどが多数出店・出展するお祭り。

         NPOえねちば(自然エネルギー千葉の会)では、昨年同様ピコ水力発電システム「たまピコ」をデモ展示しました。

        20140522_002.jpg


         いつものことながら、ちびっ子に大人気のたまピコ。あっという間に行列ができました。上手に水を当てると、水車が勢い良く回り、団扇状のLED電球が点灯します。

         また、オリジナル缶バッチの制作、新しいえねちばパンフレットの配布、東京電力の領収書の見方とアンペアダウンのパネル展示も行いました。

         素晴らしい天気に恵まれ、楽しいイベントとなりました。えねちばブースに遊びに来てくれた皆さま、ありがとうございました。スタッフの皆さま、お疲れさまでした。


        おやこ電気教室の動画です

        0
           皆さま、あけましておめでとうございます。(新年のあいさつが遅くてすみません。)今年も、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会を何とぞよろしくお願いします。

           さて、昨年11月24日開かれ、大変ご好評でした「おやこで電気をつくってみよう! おやこ電気教室」ですが、その動画を公開します。

           当日の楽しさが伝わってきます。参加できなかった人も楽しんでください。(森田)



          おやこ電気教室を開きました

          0
            「やったー、電気が点いたよ!」子どもたちの元気な声が響きます。一生懸命自転車のペダルをこいだら、LED電球、白熱灯が点灯しました。



             11月24日、「おやこ電気教室 おやこで電気をつくってみよう」が千葉市幕張勤労市民プラザで開かれました。特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、千葉市幕張勤労市民プラザの共同開催です。(協力:おやこカフェ幕張、ナカザト電気でんこさん)



            20131129_001.jpg




             電気教室の先生は小田切隆一さん。長野で電気工事店を営むかたわら、電気やエネルギーに関するワークショップを開いている方です。



             小田切さんは、電気の特性(貯めておけないこと、必ず一定の電圧・周波数でなければいけないことなど)をやさしく解説。電気がとても便利なエネルギーであると同時に、その供給には大変な努力が注がれていることを示しました。



             お勉強のあとは、実験開始。自転車を改造した人力発電装置では、ペダルをこいで発電させます。LED電球を点灯させたときと白熱灯を点灯させたときでは必要な力が違うことが体験でき、LEDが節電にたいへん役に立つことがわかります。



            20131129_002.jpg




             手回し発電機、ピコ水力発電システム「たまピコ」、ドラえもんの風力発電も実験しました。



            20131129_003.jpg


            20131129_004.jpg




             自然エネルギー千葉の会からは、「みんなが発電機を回した力を太陽のエネルギーを使って行うのが自然エネルギー」という説明をしました。わかってくれたかな?



             電気とエネルギーのことを子どもたちに体感してもらい、帰宅した後も親子で話し合えるような電気教室になったと思います。子どもたちの楽しそうな様子を見られただけでも大成功でした。



             参加者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。(森田)



            (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)

            エコメッセでパネルディスカッション「千葉から広げる自然エネルギー」を開催

            0
              ■パネルディスカッションで討論

               9月28日、幕張メッセで開催された「エコメッセ2013 in ちば」でパネルディスカッション「千葉から広げる自然エネルギー」が開催されました。主催は、自然エネルギーを広めるネットワークちばとエコメッセちば実行委員会。

              20131008_001.jpg


               司会の長谷川弘美さん(ちば市民放射能測定室「しらベル」)、エコメッセちば実行委員会の斎藤清さんの挨拶の後、各パネリストから発言がありました。

               環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さんからは、豊富な図表とグラフを使い、日本と千葉県の再生可能エネルギーのポテンシャルについて詳しい報告がありました。

               千葉エコ・エネルギー株式会社代表取締役社長の馬上丈司さんは、千葉大生とともに立ち上げた大学発ベンチャーで、自然エネルギー・省エネルギーのコンサルティング事業を行っていることを報告。

               オーガニック・エナジー・プロジェクトの浅井英朗さんは、農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングを紹介しました。

               大多喜町環境水道課課長補佐の三上清作さんからは、大多喜町が進める面白峡小水力発電事業についての説明がありました。

               株式会社自然エネルギー市民ファンドの加藤秀生さんは、市民ファンド方式で建設された風力発電所について報告しました。

               また、コーディネーターは自然エネルギーを広めるネットワークちば代表で、NPOえねちば代表理事の森田一成が務めました。

               会場からの質疑応答も含め、千葉から自然エネルギーを広めるための熱心な討論が行われました。

              20131008_002.jpg


              ■自然エネルギーゾーンで展示

               えねちばは昨年に引き続き、ブース出展も行いました。出展内容は(1)創立から今までの活動をパネルにして展示、(2)書籍『自然エネルギー白書』と『地図で読む再生可能エネルギー』の販売、(3)自作ピコ水力発電システム「たまピコ」の実演・展示を行いました。

               今年は、自然エネルギーを広めるネットワークちばに参加する団体が集まり、「自然エネルギーゾーン」をつくって展示を行いました。

               とても慌ただしい1日でしたが、スタッフの皆さん、遊びに来てくれた皆さま、ありがとうございました。(森田)

              コミュニティ・パワーで自然エネルギーを! 「白書をひもとく会」を開催

              0
                 8月11日、NPOえねちばはエネルギーカフェ第2弾「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催しました。会場はトレジャーリバーブックカフェ。

                20130813_001.JPG


                 これは、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所が毎年発行している『自然エネルギー白書』を題材に、自然エネルギーについて包括的に学ぶスタディ・イベントです。講師は同主席研究員で、NPOえねちば顧問の松原弘直さんです。

                 題材は硬い内容ですが、「エネルギーカフェ」というコンセプト通り、参加者がお茶を飲みつつ気軽に話ができるスタイルで行いました。

                20130813_002.JPG

                講師は松原弘直さん


                 松原さんは世界的な趨勢として、「自然エネルギーのマーケットは、急成長をとげている。昨年は投資額は減っているが、それは太陽光パネルの単価が下がったため。投資は今までヨーロッパが主だったのが、中国など新興国に移ってきている。日本も自然エネルギーに関しては新興国だ」と指摘しました。

                 欧州各国との比較で、「ドイツの自然エネルギー導入目標は、2020年に39%。2011年には20%の実績を上げている。数年前は6%くらいだった。着実に目標に向けて増やしている。一方、日本の目標値は2020年に14%と低い」としました。

                 再生可能エネルギーは地域主導でこそ意味があるわけですが、地域エネルギー事業に取り組む人びとや組織を支援するために「コミュニティパワー・イニシアチブ」を設立したことが報告されました。

                 コミュニティパワーには「3原則」があると言います。それは以下の3つです。
                1.地域の利害関係者がプロジェクトの大半もしくはすべてを所有している
                2.プロジェクトの意思決定はコミュニティに基礎をおく組織によっておこなわれる
                3.社会的・経済的便益の多数もしくはすべては地域に分配される

                 また松原さんは、つい最近ドイツを訪れたときの報告を行いました。ミュンヘン市エネルギー公社の地熱発電所、自然エネルギー100%自給の村=フェルトハイムの風力発電所やバイオマス発電所(コージェネ)などを説明しました。

                20130813_003.jpg

                ドイツの自然エネルギー事業の事例を報告


                 千葉県における再エネ事業の展望についてや、その担い手の育成問題など「リアル」な諸問題について、参加者から活発な意見が出て、エネルギーカフェは大いに盛り上がりました。

                 あっという間に4時間が経ち、必ずエネルギーカフェ第3弾を開く約束が交わされて閉会となりました。松原先生、参加者の皆さん、ありがとうございました。(森田)

                20130813_004.jpg


                (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)

                特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会第1回総会を開催しました

                0
                   6月9日、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会の第1回総会が開かれました。会場はメイプルイン幕張。

                   えねちばは、今年の2月6日にNPO法人として設立登記をしました。今年の2月6日から3月31日が第1期(2012年度)の事業年度となります。本総会は、第1期の事業報告・決算を行い、第2期(2013年度)の事業計画・予算を決めるためのものです。(これはNPO法に基づくものです。)

                   総会は14時から開始され、第1号議案・2012年度事業報告、第2号議案・2012年度決算報告が代表理事の森田から行われました。第1期は、事業年度が実質2ヶ月弱と大変短いため、本来の事業目的達成の準備期間と位置付けられましたが、「自然エネルギーを広めるネットワークちば」立ち上げへの尽力と同ネットワーク主催イベントへの協力など、たしかな前進があったことが確認されました。

                  20130617_001.jpg


                   第3号議案・監査報告は、片岡弘充監事から行われました。

                   つづいて、第4号議案・2013年度事業計画案、第5号議案・2013年度予算案が説明され、再生可能エネルギーに関する連続学習会をカフェで行う「エネルギー・カフェ」、小学校低学年ぐらいの電気の基礎知識を親子で楽しく学ぶ「親子電気教室」、ソーラーシェアリング施設の見学会を通じ、調査・研究とともに農家さんとの繋ぎをお手伝いする事業などが提案されました。

                   また、市民太陽光発電所の開設、売電事業準備についても、第1期の経験をふまえて、突っ込んだ意見交換がなされました。

                   (2012年度事業報告書、2012年度決算書、2013年度事業計画書、2013年度予算書はこちらで読むことができます。)

                  20130617_002.jpg


                   総会後は、懇親会が開かれました。食事を交えながらの交流・意見交換はとても楽しいひとときでした。あらためて、「再生可能エネルギーの普及・拡大を市民の手で行う」ことへの気持ちを強くしました。

                   会員の皆さま、ありがとうございました。そして、会場を提供してくださったメイプルイン幕張様、本当にありがとうございました。(森田)

                  アースデイちば2013に出展しました

                  0
                     6月2日(日)、NPOえねちばは「アースデイちば2013」に出展しました。

                     アースデイちばは、県内外でエコ活動しているショップ、NGO、学生、ミュージシャン、クラフトマン、有機農家さんなどが多数出店・出展するお祭りです。

                    20130614_001.jpg

                    会場の稲毛海浜公園芝生広場


                     例年より早いつ梅雨入り宣言で心配された天気ですが、朝から心地良い青空が広がっています。良い一日が過ごせそうな予感がします。

                     NPOえねちば(自然エネルギー千葉の会)では、昨年の「エコメッセ2012 in ちば」に出展した「ピコ水力発電システム」をデモ展示しました。今回は、揚水ポンプを加え、とてもシステマティックなものになりました。

                     遠くから見ても目立つその姿を見て、多くの方々が足を止めてくれました。とくに、ちびっ子には大人気! たくさん寄ってきて、熱心に遊んでくれました。

                    20130614_003.jpg

                    ちびっ子に大人気のピコ水力発電システム


                     天気がよく、暑いくらいの陽気のせいか、水のしぶきに人気が集まったようです。簡易な揚水発電システムの説明に、えねちば会員も力が入ります。

                     また、えねちばオリジナルの缶バッチも販売しました。その場で「世界に一つの」オリジナル缶バッチが作れるとあって、こちらも子どもたちに人気でした。

                    20130614_002.JPG

                    イベントのPA電源は太陽光発電でまかなわれました


                     快適なお天気様に感謝しつつ、楽しいひとときを送ることができました。会員スタッフの皆さま、お疲れさまでした。アースデイちば実行委の皆さま、ありがとうございました。

                    エネルギー・カフェ「電気と暮らし、省エネのこと」を開きました

                    0
                      20130426_001.jpg


                       4月21日、トレジャーリバーブックカフェにて、エネルギー・カフェ「電気と暮らし、省エネのこと」が行われました。NPOえねちばの2013年度事業の第1弾です。

                       このエネルギー・カフェは、カフェでお話をするようにエネルギー問題を気軽に語り合うことをコンセプトに企画されたもので、今回は初回ということもあり、基本的な電気の知識から始めました。

                       チューターはえねちば理事でエネルギー戦略開発部長の川本俊司さん。(川本さんの気合の入った資料はこちらからダウンロードできます。)この日、プロジェクターの動力のための電気は、川本宅のベランダで太陽光発電で充電されたものを使用しました。

                      20130426_002.jpg

                      太陽光発電で充電されたバッテリーと“ゆず”


                       エネルギーの単位など、基本的なことから話は始まりました。たとえば、

                      1ジュール(J)とは、1N(ニュートン)の力が力の方向に物体を1m(メートル)動かすときの仕事である。

                       家庭のエネルギー消費量の話題では、暖房・給湯・厨房でエネルギーの62%が消費されていること、その事実から「住宅の断熱性」が重要なことなども指摘されました。

                      20130426_003.jpg


                       また、直流を提唱したエジソンVS交流を提唱したテスラの歴史のこぼれ話から、再生可能エネルギー普及のための全量買取制度の問題点まで、終了時間まで話が途切れることはありませんでした。

                       美味しいコーヒー・紅茶と、これまた美味しいケーキをいただきながらの語り合いは、とても充実した時間でした。(森田)

                      (※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されました。)


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:132 最後に更新した日:2017/09/04

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode