エネルギーカフェ「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催します!

0
     皆さま、こんばんは。

     昨年に引き続き、今年も「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催します。今年は、好評のエネルギーカフェシリーズの第2弾として行います。

     昨年開始された「再生可能エネルギー(電気)全量買取制度」によって、再生可能エネルギー事業への投資が飛躍的に伸びました。昨年末の民主党政権から自民党・公明党政権への交代によっても、自然エネルギーの普及・拡大の流れは止まっていません。

     一方で、再エネをめぐる問題も山積しています。そんな中、当会では自然エネルギーを取り巻く状況について、今年もしっかりとした学習会に取り組みます。自然エネルギーを普及・拡大のためには、私たちの活動が「理にかなっている」必要があるからです。

    20130707.gif

    自然エネルギー白書2013


     『自然エネルギー白書』は、認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)が毎年発行している、自然エネルギーに関する集大成の書物です。テキストは当会から割引価格で購入することができます(税込1800円)。

     講師は、同書の編集責任者で当会顧問の松原弘直さんです。詳しいプロフィールは、こちらを参照してください。

     参加は資料代として500円を頂戴しますが、トレジャーリバーブックカフェの美味しいコーヒーまたは紅茶がとデザートが付きます。大変お得ですよ!

     この機会に松原さんにいろいろ質問してみませんか? ご参加希望の方は、当会までご連絡をお願いします。「白書」購入希望の方も連絡ください。

     皆さまのご参加をお待ちしています。(森田)

    20120625_001.JPG

    昨年の「自然エネルギー白書をひもとく会」の様子


    ===エネルギーカフェ第2弾「自然エネルギー白書をひもとく会」===

    日 時 ● 8月11日(日) 13:00〜17:00
    会 場 ● トレジャーリバーブックカフェ
          千葉県千葉市中央区登戸1-11-18 第2潮ビル102
          http://treasureriverbook.web.fc2.com/
    主 催 ● 特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会
    問合せ ● renewable.energy.chibaアットgmail.com (アットを@に替えてください。)
          080-5417-6948(森田)
    資料代 ● 500円(ソフトドリンク、デザートが付きます)

    アースデイちば2013に出展します

    0

      昨年のアースデイちばの様子


       NPOえねちばは、今年も「アースデイちば」に出展します。

       アースデイちば2013の日時は、6月2日(日)10時30分から16時30分まで、会場は昨年と稲毛海浜公園(芝生広場)です。

       アースデイちばでは、県内外でエコ活動しているショップ、NGO、学生、ミュージシャン、クラフトマン、有機農家さんなどが多数出店・出展しています。合言葉は「私たちの暮らす千葉から楽しく、平和に、新しく!」

       当会もこの趣旨に賛同し、出展したいと思います。出展内容は以下の予定です。

      ・ピコ水力発電システム
       自転車のハブダイナモを利用した超小型水力発電システム。今回は、ソーラー電力で水を汲み上げる簡易型揚水発電になっています。
      ・温度差発電実験(ペルチェ素子使用)
      ・カンバッジ製作、販売
      ・えねちば活動記録、アンペアダウンのパネル展示

       楽しい催しになるといいですね。皆さん、お気軽に遊びに来てください。(森田)

      自然エネルギー千葉の会のホームページをつくりました

      0
         NPOえねちば(特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会)は新しくホームページをつくりました。

         URLはこちらです。 → http://www.npo-enechiba.org/ 

         お気に入りに入れていた方は、URLの変更をお願いします。

         これまで当ブログがホームページの代用を果たしていましたが、これからは「NPOえねちば活動報告ブログ」として再出発します。ですので、ブログへの訪問も変わらずお願いします。

         NPOえねちばのホームページ、末永くよろしくお願いします!(森田)

        エネルギー・カフェ第1弾「電気と暮らし、省エネのこと」を開催します

        0
          20130404.jpg


           4月21日(日)14時からエネルギー・カフェ「電気と暮らし、省エネのこと」を開催します!

           「エネルギー」は「食」と同じく私たちの暮らしに密着していますが、どこか他人任せなところがありました。

           一昨年の原発過酷事故以来、原発をめぐってエネルギーの議論が沸騰しましたが、残念ながらまだ消化不良の印象が拭えません。

           ここで「基本のき」にたち帰ってエネルギーについて考えてみましょう。エネルギーとは何か、電気とは何か、そして私たちの暮らしにとってのエネルギーとは…。

           まず私たち市民にすぐにでもできることとして、省エネがあります。この省エネを切り口に、「電気と暮らし、省エネのこと」と題するワークショップを行います。カフェでお茶をしながら、気軽に話し合いたいと思います。

           この機会にエネルギーのことを熟議してみませんか? 講師は、自然エネルギー千葉の会理事で、エネルギー戦略開発部長の川本俊司さん。

           会場はトレジャーリバーブックカフェです。

           皆さん、遊びに来てください!(森田)

          エネルギー・カフェ「電気と暮らし、省エネのこと」

          日時 ● 4月21日(日)14時〜17時
          講師 ● 川本俊司(自然エネルギー千葉の会・エネルギー戦略開発部長)
          資料代● 500円
          会場 ● トレジャーリバーブックカフェ(住所:千葉市中央区登戸1-11-18第2潮ビル102)
               http://treasureriverbook.web.fc2.com/map.html

          (※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営しています。)

          「みんなでトーク・トーク・トーク 自然エネルギーを広めるネットワークちば情報交換・意見交換会」を開催します

          0
            20130319.jpg


             当会が参加している「自然エネルギーを広めるネットワークちば」実行委員会主催のイベント第2弾です。

             自然エネルギーへの取り組みは、決して難しいことではありません。小規模分散型の再生可能エネルギーは、むしろ市民や地域が主体になり得る可能性を秘めています。

             市民が主体となって進められている自然エネルギー事業について、全国を飛び回って精力的に取材をしているノンフィクションライターの高橋真樹さんからお話をしてもらいます。

             また、千葉県内ですでに自然エネルギーに取り組まれている団体からの報告を受けます。参加者全員が発話できるグループトークも行います。

             情報交換・意見交換を進め、対話を通じながら、市民参加の自然エネルギーのあり方について考えていきませんか。

             皆さまのご参加をお待ちしています。

            みんなでトーク・トーク・トーク 自然エネルギーを広めるネットワークちば情報交換・意見交換会

            日 時 ● 2013年3月30日(土) 14時00分〜17時00分(受付開始13時30分)
            会 場 ● 生活協同組合パルシステム千葉 船橋本部会議室
            参加費 ● 500円(懇親会参加の方は1000円)
            定 員 ● 50名(事前申込制、先着順)
            申込先 ● TEL:047-420-2605
                  Email:palchiba-hp@pal.or.jp
            主 催 ● 「自然エネルギーを広めるネットワークちば」実行委員会

            【スケジュール】
              13時30分 開場
              14時00分 開会挨拶
              14時05分 ゲストトーク
                   高橋真樹さん(ノンフィクションライター)
                   「“市民が主役”自然エネルギーの活動事例」
              14時35分 千葉県内活動団体プレゼン(6団体を予定)
              15時25分 休憩
              15時35分 グループトーク
              16時35分 グループ発表
              16時45分 コメンテーターまとめ
                   松原弘直さん(環境エネルギー政策研究所主席研究員)
              17時00分 閉会 その後同会場で懇談会

            【自然エネルギーを広めるネットワークちば参加団体】
            グリーンタートルズ/自然エネルギー千葉の会/自給エネルギーの会/里山シンポジウム実行委員会/ちば市民放射能測定室(しらベル)/生活クラブ虹の街/ちば環境情報センター/パルシステム千葉/大地を守る会/PV-Net千葉(順不同)

            『シェーナウの想い』上映会&トークのお誘い

            0
              20130114.jpg


               2月2日(土)、ドイツのドキュメンタリー映画『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜』の上映会とトークを行います。

               主催は、県内の自然エネルギー普及・拡大をめざす団体でつくられた「自然エネルギーを広めるネットワークちば」実行委員会です。

               この映画は、ドイツ南西部「シュバルツバルト(黒い森)」の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という思いから、ドイツ史上初の市民電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。

              (製作年:2008年、上映時間:60分、監督:フランク=ディーチェ/ヴェルナー=キーファー、日本語翻訳:及川斉志)

               映画紹介の動画はこちらです。



               また映画上映後に、NPO法人上田市民エネルギー理事長の藤川まゆみさんから「市民が増やす自然エネルギー」と題してお話をしていただきます。上田市民エネルギーは、誰でも自然エネルギーに参加できる「相乗りくん」という事業を展開している団体です。

               入場無料ですので、皆さまお誘い合わせの上、ぜひお出かけください。(森田)

              『シェーナウの想い』上映会&トーク
              〜原発に頼らない社会の実現に向けて、自然エネルギーへの転換を!〜


              日 時 ● 2013年2月2日(土) 13時〜16時
              場 所 ● 船橋市勤労市民センター(ホール) 船橋市本町4-19-6
              参加費 ● 無料
              定 員 ● 170名
              保 育 ● あります。お子さんお一人につき500円。
                   ※保育付きの参加申込みは1月24日(木)までにお電話でお願いします。
              申 込 ● お電話またはメールでお申込みください。※当日参加可です。
                    窓口:パルシステム千葉
                    TEL:047-420-2605(月〜金 9:00〜17:00)
                    メール:palchiba-hp@pal.or.jp
              主 催 ● 「自然エネルギーを広めるネットワークちば」実行委員会

              文芸誌「kototoi」で当会が紹介されました

              0
                20130107_001.jpg


                 菊谷文庫(菊谷倫彦代表)が発行する季刊文芸誌「kototoi」で、自然エネルギー千葉の会が紹介されました。

                 今回、当会会員のうち森田一成、竹内良一、宋石林、阿部峰志(敬称略)の4名が取材を受け、第四号(2012年11月30日発行)の「地域の言葉」に紹介されています。

                20130107_002.jpg

                取材の様子


                 「kotototi」は2011年の東日本大震災をきっかけに発刊された、和綴じの大変趣きのある文芸誌です。朝日新聞のWEBRONZAでも紹介されています。

                → 3・11以後のあたらしい“感性”の時代へ――和綴じ文芸誌「kototoi」ことはじめ

                 「kototoi」を取り扱っている書店はこちらです。皆さま、ぜひお買い求めください。(森田)

                『第4の革命』、再び千葉で上映!

                0
                  20121027.jpg


                   今年の1月14日千葉市生涯学習センターで上映会を行い、多くの方から反響をいただいた『第4の革命 − エネルギーデモクラシー』ですが、このほど印西市で再び上映することになりました。

                   主催は太陽学舎(自然エネルギー千葉の会・印西支部)です。

                   今度はなんと無料上映です! 前回観逃した方は、ぜひ観てください。前回観た方も、無料ですのでもう一度どうぞ。

                  日 時 ● 2012年12月9日(日)14:00〜17:00
                  場 所 ● 船穂コミュニティセンター 多目的室
                        千葉県印西市船尾786-1
                        Tel:0476-48-5311
                  参加費 ● 無料(当日会場まで直接お越し下さい)
                        ※託児をご希望の方は、事前にご相談下さい。
                  内 容 ● 14:00〜上映(83分)
                        その後感想討論会
                  問合せ ● 黒川(080-3422-4699)
                        hot_inzaiアットmail.goo.ne.jp

                  『第4の革命』とは?

                   爆発的な風力発電導入を実現した、ドイツの1990年の電力買い取り法、そして2000年にドイツで制定され、その後太陽光発電の導入の起爆剤となった「再生可能エネルギー法」。これら2つの法律を制定させた中心人物こそ『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』のメイン出演者である、ヘルマン・シェーア氏である。この映画はシェーア氏の提案により4年がかりで完成。2010年、ドイツで最も観られ、その後のドイツのエネルギー政策に影響を与えたドキュメンタリー映画である。

                   太陽エネルギー、風力、水力、地熱エネルギーは、世界中の誰でも平等に利用できる自然エネルギー源だ。そしてこれらのエネルギーは持続可能で、お金もかからず、尽きることなく長い間利用することができる。国際的なムーブメントを起こし、世界をエネルギーシフトしていくためには、再生可能エネルギーの可能性についての知識を広めることが必要不可欠だ。この知識を人々に分かりやすく伝えるために、このドキュメンタリー『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』は製作された。

                   この映画では、著名な環境活動家やノーベル賞受賞者、政治家らによって、これから30年以内に100 %再生可能エネルギーへのエネルギーシフトが可能だということを、様々な角度から分析し、紹介する。 この映画は、再生可能エネルギーへの認識を高め、新しいエネルギー時代への夜明けへと人々を導くだろう。「新しいエネルギー時代」へようこそ!(『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』公式HPより)

                  映画『第4の革命 − エネルギー・デモクラシー』公式HP
                  http://www.4revo.org/

                  予告編(YouTube動画)


                  ダイジェスト版(YouTube動画、13分)

                  パネルディスカッション会場変更のお知らせ

                  0
                     9月17日のエコメッセで行なわれる「どう取り組むか これからの新エネルギー」ですが、急きょ会場が変更になりましたので、お知らせします。

                     203会議室から101A会議室に変更です。

                     時間は変わらず11時00分から12時30分です。

                     皆さま、お間違いのないようにお願いします。(森田)

                    パネル・ディスカッション「どう取り組むかこれからの新エネルギー」

                    0
                      20120906.jpg


                       9月17日、幕張メッセで開催される「エコメッセ2012 in ちば」では、たくさんのイベントが行われます。「まるごみ'12」「ちばの川と水 探検館」「エコクイズラリー」「ソーラークッキング実演」「千葉の里山・田舎暮らし物産展」などなど。

                       その中でもおすすめのイベント、パネル・ディスカッション「どう取り組むかこれからの新エネルギー」をご紹介します。

                       パネリストは、(株)オルタナ代表取締役の森摂さん、環境エネルギー政策研究所理事で自然エネルギー千葉の会アドバイザーの松原弘直さん、ワタミエコロジー(株)再生可能エネルギー事業部長の小出浩平さん、みんな電力(株)代表取締役の大石英司さん。

                       コーディネーターは、一般社団法人環境パートナーシップ会議副代表の星野智子さんです。

                       会場は幕張メッセ国際会議場203会議室、開演は11時00分からです。(12時30分終了予定。)

                       再生可能エネルギーに関する研究者・実践者が、一堂に会して提言を行うとても貴重なパネル・ディスカッションです。ぜひお出かけください。入場無料です!

                       エコメッセのメインである環境活動見本市(幕張メッセ・コンベンションホールにて開催)には、県内の環境団体や企業・行政など100団体以上が出展します。もちろん、自然エネルギー千葉の会も出展します! ブースはエコステージの前あたりです。

                       皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね!(森田)


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
                        So Seki-Rin
                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:142 最後に更新した日:2019/02/02

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode