9・18放課後の倉阪教室資料です

0
     9月18日に開催されました「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」で使われた学習会資料です。倉阪先生のご好意で公開することができました。

     資料はこちら


    次回ミーティングのお知らせ

    0
       遅くなりましたが、次回ミーティングのお知らせです。お忙しいとは思いますが、皆様のご参加心からお待ちしております。

      ■自然エネルギー千葉の会第6回ミーティング

       日時 ● 2011年10月8日(土) 午後7時〜午後9時
       場所 ● 千葉市民活動センター小会議室
            千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティ1階
            http://bit.ly/acjq8I
            ※車の方は、千葉市役所の駐車場が30分50円で安いそうです。


      「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の報告

      0
         9月18日、千葉市生涯学習センターでの「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」報告です。

         学習会には22名が参加し、倉阪先生の講義をうけ、質疑応答なども活発に行われました。



         倉阪先生からは次の4つのパートに分けて、わかりやすく説明いただけました。
        1.時代背景
        2.永続地帯研究
        3.千葉市での再生可能エネルギーの導入可能性
        4.再生可能エネルギーによる原発代替可能性

         最後に質疑応答が行われました。

         広範囲で充実した勉強会でした。大まかに千葉県内では、地熱発電は不適格。地熱・バイオマスは事業規模が大きすぎる。千葉市内だと風力の適合地がなかなか見当たらない。小水力は申請が難しい。など私たち「自然エネルギー千葉の会」が具体的に何ができるのか検討するうえで大変貴重な情報もいただきました。

         内容が、非常に貴重で広範囲なため、コンパクトにまとめて記事にすることが難しく、「倉阪教室ノート」として、順次アップいたします。

         学習会のあと「トレジャーリバーブックカフェ」にて行われた2次会は大いに盛り上がりました。宝川さん他、スタッフのみなさんありがとうございました。地産地消をテーマにし、千葉の食材にはこだわりましたが、最後は、調理のまごころ。大変美味しく料理をいただきました。



         また、参加者が沢山質問できたのは、倉阪先生の気さくな人柄にもありました。大学の教授が「自転車で汗をかきながら移動」しているのは、非常に親近感があり、同時に、真のインテリジェンスを感じました。

         第一回目の勉強会でしたが、具体的に何ができるか、力を合わせて創造していく、第一歩になったと感じています。(阿部)

        「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の動画です

        0
           9月18日に開かれた「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の動画です。参加したかったけど、用事があって参加できなかった人にどうぞ。参加した人も復習できます。

           報告記事については、また後日にアップします。(森田)















          再びの告知 「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」

          0
             自然エネルギー千葉の会・第5回ミーティングを受けて、再び「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の告知です。

             残席はまだありますが、定員30名ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。東(080-3094-6488)、森田(080-5417-6948)または renewable.energy.chibaアットgmail.com まで。

            Fryer.jpg


             遅ればせながら、ポスターができました。画象をクリックしていただくと、PDFをダウンロードできるページに行きます。ご希望の方はダウンロードしてお使いください。

             資料代として600円をいただきますが、当日の経費に使用した後の余剰金につきましては、今後の自然エネルギー千葉の会の活動に使わせていただきます。ご了承ください。

             当日は懇親会もございます。こちらも要予約ですが、残席少しございます。お早めにお申し込みください。会費は飲み物代込みで3500円です。(変更しましたのでご注意ください。)

             会場はTREASURE RIVER BOOK CAFE(千葉市中央区登戸1-11-18 潮第2ビル102号室)です。



             皆さまのご来場をお待ちしています。

            「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました

            0
               8月28日に行われた、自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティング「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」の報告です。

               千葉県八街市の千葉産直サービス産地事業部をお借りして、バーベキューを楽しみながら行われました。 ロケーションはとても緑豊かです。

              0828_001.jpg

              15名の参加者が熱心に語りました


              会合での決定事項

              ・仮称だった会の名称はそのまま「自然エネルギー千葉の会」として決まりました。

              ・現在千葉県が募集している「新エネルギー活用プロジェクト」への応募は9月9日締切で期間がなさすぎることから、今回は見送る方向。

              ・9月18日(日)主催する「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の当日役割分担を確認(受付、司会、会計、資料、映像etc.)。

              ・今後、参加したい他NGOの行事(「幸せの経済学」上映会、上総掘りなど)。

              ・次回の会合は
              ・9月12日(月)19:00〜
              ・会場は千葉市のトレジャーリバーブックカフェ
              ・議題は9月18日「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の具体的内容、役割分担の確認です。また、各自、倉阪先生に自給エネルギー問題、小規模発電について等、質問したいことなど考えてきてください。

               以下、会員:阿部の参加レポートです。

               八街にはあまり行く機会がなく、地理的に詳しくないので、早めに市原コンビナート近くの自宅を出発。R16から東金街道に入り県道53号で八街を目指します。

               9:30に会場入りしたら、すでに前乗りの東さんと柴田君が汗だくで準備をしてくれていました!

              0828_002.jpg


               10:00の開始時刻にみんな集まったところで「シイタケの菌打ち」体験です。「菌打ちってなんですかぁ?」に教えてくれたのは微生物に詳しい宋さん! ドリルで穴をあけた木にシイタケ菌の種ゴマを打ち込むことで、シイタケは木の養分を吸い取って成長するそうです。

              0828_003.jpg


               その間、庭のブルーベリーをつまんで、美味しくいただきました!

              0828_004.jpg


               菌打ちが終わり、バーベキュー開始!

              0828_005.jpg


               今回のテーマは「地産地消」なので、可能な限り千葉県産の食材を使うとのことでしたが、その豊富さにビックリ! です。

               肉も千葉産! かざ鶏!

              0828_006.jpg

              もち豚を紹介する(株)千葉産直サービス
              の冨田社長


               商品紹介では説明は控えめですが…。通常の豚は、生後165日〜180日で食肉として出荷されるそうです。しか〜し! 「もち豚」は飼育期間210日と非常に長く、ゆっくりじっくり育てることで肉の味わいが深くなるとのこと。手間かってます!!!

               ちなみに、千葉マリンスタジアムで売られている、豚もつ・大根・人参・みそ・ピーナッツ全てAll千葉県産を売りにした「千葉もつ煮込み」が好評ですが、入っているのは全てこの「もち豚のモツ」という業界情報までGet! とろけます。

              0828_007.jpg


               参加者自家栽培の野菜も、集まるとすごい種類です。

              0828_008.jpg

              横芝光町「齋藤ぶどう園」の「デラウェア」というワイン


              0828_009.jpg

              醤油も千葉産


              0828_010.jpg

              佐倉市「ショパン」の国産小麦の野生酵母パン


               どんどん焼いて美味しくいただきます!

               炭もなんと! 千葉県産です。

               市原市職員OBで構成される「市原炭友会」の方が会の趣旨に賛同して提供してくれました!

               石井商事(株)「土耕菌ナルナル」の石井さんが「ナルナル」を手に取ってみます。

              0828_011.jpg


               石井さんは土にこだわり、土壌改良剤の開発をしています。今回持ってきていただいたもみ殻「ナルナル」は半端なくすごい。昨年11月にNHK クローズアップ現代「微生物とつながる農業」で、エンドファイトが紹介されたそうです。

               エンドファイトとは、植物と共生し植物を元気にする菌たちの総称で、土耕菌ナルナルはエンドファイトを自然に増やす菌群とのことです。実際に持って見ましたが、ブロックのように固まっています。菌の力だけでつながっているそうで、1gの中に、10億〜100億の菌が住んでいるそうです。

               農薬などで殺菌することを考えるより、菌の性質を活かして自然の力を使って農作物を育てる方が、美味しい作物が実るということを、石井さんから聞いて、参加者も感心!  皆、自家菜園用に「ナルナル」をお土産にもらっていました! 家庭菜園しとけばよかったなぁ。。。

               石井さんは市原市の「東国吉里山保全の会」で荒廃する里山の再生のため活動もされています。現在は上総堀りで井戸掘りをおこない、ボランティアも募集中とのことです。

               僕は、今回初めて知ることばかりでした! 農の分野はあまり知らなかったのですが、プロフェッショナル達に圧倒されてしまいました! あまりこだわらず、普段食べていますが、知恵を絞り工夫して、こだわった食べものは本当に美味しい!

               オーガニック食品は価格的に、実際に手がでないところもありますが、地産地消を求める人が増えていけば、毎日おいしい物を口にできる日も遠くないかもしれません。追及していくと、物流ロスや、自然の負の循環を作り出すことで、無駄なエネルギーを使い、化石燃料消費にも拍車をかけることを、いろんな専門家から教えていただいた話で、感じました。

               やっぱり、体に優しいものって自然の恵みからだよね! エネルギー問題と食の問題は密接だなぁと痛感した、有意義な一日でした。

               ありがとうございました!!!

              0828_012.jpg


               帰りぎわにカマキリを見つけた! 自然に調和してる?(阿部)

              ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会

              0
                 皆さま、こんにちは。

                 自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティングのお知らせです。次回ミーティングでは、これまでと違い野外でバーベキューをしながらの会合を開きます。題して、「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」。

                 自然エネルギー千葉の会(仮称)のミーティングなのですが、エネルギーの話は食や農の話と密接に結びついているし、環境のこと、生活のこと、社会のことetcと切り離すことができません。

                 ウグイスの鳴き声が聴こえる豊かな自然の中で、諸々のことを考えようという趣旨です。

                 趣旨にのっとりなるべく地産地消のバーベキューにします。千葉県産の野菜・食材だけでなく、県産の炭、県産の調味料、県産のお米を使用。希望者のみですが県産のお酒もあります。

                 また、ベジタリアンの方にも対応したメニューにします。

                 夏休み最後のレジャーとしても最適だと思います。

                ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会【自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティング】

                日時 ● 午前10時〜(解散午後3時予定)
                会費 ● 1000円
                持ち物● 食器・お箸・グラス・飲み物は各自持ってくること
                場所 ● 千葉産直サービス産地事業部 千葉県八街市根古谷565-1

                (※)車で分乗して行く用意をしています。希望者は森田(080-547-6948)、東(080-3094-6488)まで。メールでも受け付けます。( renewable.energy.chibaアットgmail.com)

                9月18日は懇親会も行います

                0
                   9月18日(日)主催の「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」ですが、場所を変えて懇親会を開きます。

                   場所は自然エネルギー千葉の会(仮称)のミーティングでもお世話になっているトレジャー・リバー・ブック・カフェです。

                   倉阪先生も参加の予定。楽しく交流するとともに、より突っ込んだお話もできるのではないかと思います。

                   エネルギーだけでなく、食の地産地消も重要なことだと思いますので、千葉産の食材を可能な限り使うようにします。何よりマスターの腕のせいか、料理が美味しいです!

                   席に限りがありますが、ぜひご参加ください。

                  放課後の倉阪教室・懇親会

                  日時 ● 9月18日(日)18時30分〜
                  場所 ● TREASURE RIVER BOOK CAFE
                       千葉市中央区登戸1-11-18潮第2ビル102号室
                       Blog http://ameblo.jp/db-roach/
                  料金 ● 3000円(飲み物別) 3500円(飲み物代込)
                  定員 ● 20名程度(要予約)

                  「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」を開きます

                  0
                     9月18日(日)、自然エネルギー千葉の会(仮称)主催イベントの第1弾として、千葉大学教授の倉阪秀史さんをお招きして「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」を開催します。

                     ご存知の通り、3月11日の原発災害以来、原子力発電への依存から脱却する動きが大きくなってきました。再生可能エネルギー買取法案も今国会で成立することが予想されています。

                     本当に原発なしでも、日本のエネルギーは大丈夫なのか? 再生可能エネルギーにはどんな可能性があるのか? そこに問題はないのか?

                     そして、私たちが住む千葉には自然エネルギーを拡めていく潜在力はあるか?

                     素朴な疑問から突っ込んだ話題まで、「自然エネと私達の生活」について倉阪先生が答えてくれます。

                    ■倉阪秀史(くらさか・ひでふみ)プロフィール


                     環境経済学者。三重県伊賀市出身。東京大学経済学部卒業。
                     1987年環境庁(当時、現環境省)入庁。米国メリーランド大学客員研究員、千葉大学法経学部経済学科助教授を経て、現在、千葉大学法経学部総合政策学科教授。
                     著書に『エコロジカルな経済学』『環境を守るほど経済は発展する』『環境―持続可能な経済システム』など。
                     最近では、Webマガジン「月刊チャージャー」8月号の「【調査】倉阪秀史教授に聞いてみました『小水力発電』なんてショボいんでしょ?」で紹介されました。

                    放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活

                    日時 ● 9月18日(日)16時00分〜17時45分
                    講師 ● 倉阪秀史さん(千葉大学法経学部教授)
                    会場 ● 千葉市生涯学習センター3階 研修室2
                         千葉市中央区弁天3-7-7


                         JR千葉駅徒歩8分、都市モノレール千葉公園駅から徒歩5分
                         電話 043-207-5811
                         Webサイト http://chiba-gakushu.jp/
                    資料代● 600円
                    定員 ● 30名(要予約)
                    問合せ● 森田(080-5417-6948)、東(080-3094-6488)
                         または renewable.energy.chibaアットgmail.com まで

                    第3回ミーティングを開催しました

                    0
                       皆さま、こんにちは。少し報告が遅れましたけど、8月4日(木)に自然エネルギー千葉の会(仮称)の第3回ミーティングが開かれました。

                       この日も2名の新しい参加者がありました。毎回参加者が増えて、嬉しいかぎりです。千葉の会も本格的に始動という感じがしますが、同時にいろいろ課題も見えてきました。

                       ミーティングでは、9月18日開催の市民勉強会について、ブログについて、今後の運営について等々が話されました。

                      (1)市民勉強会について

                       9月18日(日)に開催する市民勉強会は以下のようにきまりました。(また後日正式にリリースします。)

                      名称 ◆ 放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活
                      日時 ◆ 9月18日(日)16時00分〜17時45分
                      会場 ◆ 千葉市生涯学習センター
                      講師 ◆ 倉阪秀史さん(千葉大学法経学部教授)

                      (2)会のホームページ(ブログ)について

                      ・有料サービスにして、広告を外すこと。
                      ・ツイッターで会員の声を表示すること。

                      (3)今後の運営について

                      ・会員が増えてきたことにともない、ミーティングを他の場所で行うことも検討する。
                      ・イラスト制作、QRコード作成を分担。
                      ・小水力発電として水車を木材(間伐材)で作り、設置。用水路や側溝等、申請が簡単にできるところで着手する。
                      ・次回ミーティングは8月28日(日)、八街市の千葉産直サービスさんで行ないます。バーベキューなどをしながらのミーティングとなります。詳しくはまた後日お知らせします。 (森田)


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:137 最後に更新した日:2018/04/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode