「講演会 電力自由化と自然エネルギー」を開催しました

0
    20160309_001.jpg


     3月6日、千葉市のホテル・メイプルイン幕張において、「講演会 電力自由化と自然エネルギー」が開催されました。(主催:特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、後援:千葉市)

     メイン講師は都留文科大教授の高橋洋さんです。高橋さんは「電気事業法の改正によって、これまで発電・送配電・小売りまで電力会社の法定独占だったものが、発電部門、小売り部門が自由化されることになる」とし、「送配電部門だけは自由化できないので、電力広域的運営推進機関を通じ開放的なネットワークの実現を目指すことになる」と指摘。

    20160309_002.jpg

    講師の高橋洋さん


     「電力システム改革の方向は、集中型から分散型へ、独占から競争へ、垂直一貫から水平分業へというもの。今後、電力自由化が自然エネルギーに結びつくかは、消費者が電気を他人事ではなく『自分事』として選択権を行使することが重要になる」と主張しました。

     国会会期中という激務の中、駆けつけてくれました衆議院議員の田嶋要さんは、「今国会でも電力自由化に関連して質問をする予定だ。ヨーロッパに比べて20年遅れているといわれる日本の再生可能エネルギー拡大にむけて、汗をかいていきたい」と挨拶しました。

    20160309_003.jpg

    田嶋要衆議院議員


     続いて新電力各社からのプレゼンです。みんな電力株式会社の飯野隆志さんは、市民発電所から電気を調達する「顔の見える発電所」のコンセプトを(1)選べる楽しさ、(2)おまけがついて購入する楽しさ、(3)発電者と繋がる楽しさ、(4)地域社会と環境に貢献する楽しさ、として説明しました。

    20160309_004.jpg

    みんな電力株式会社・飯野隆志さん


     株式会社パルシステム電力の鈴木松夫さんは、同社が今後手がける「産直でんき」について、(1)生産者、産地が明らかであること、(2)生産方法や出荷基準が明らかで、生産の履歴がわかること、(3)環境保全型・資源循環型をめざしていること、(4)生産者や組合員の相互交流があることの4原則を述べました。

    20160309_005.jpg

    株式会社パルシステム電力・鈴木松夫さん


     生活クラブ虹の街の山本裕一郎さんは、風車の建設からエネルギーの共同購入にいたる同生協の取り組みを概説、電気の共同購入を今年6月から1500世帯で先行実施し、10月から全体実施の予定であることを明らかにしました。

    20160309_006.jpg

    生活クラブ虹の街・山本裕一郎さん


     会の最後に千葉みらい電力合同会社の森田一成代表社員は、「自然エネルギーを選択することが『やせ我慢』になってはいけない。電力自由化で再エネを大事にする新電力に切り替えるとともに、再エネ発電事業に投資することで家計を潤すこともできる」とし、千葉みらい電力が手掛ける大網白里市での市民発電所建設への協力を呼びかけました。

    20160309_007.jpg

    千葉みらい電力合同会社・森田一成代表社員


     参加者からは「内容が濃いにもかかわらず大変わかりやすかった」とのお声を頂戴しています。関係各位のご協力に、あらためて感謝いたします。(森田)

    ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けて実施されました。

    いちかわ電力準備会さんが市民発電所の見学に来られました

    0
      20160117_001.jpg


       1月9日、大網白里第1市民発電所の見学会にいちかわ電力準備会(代表・斉藤真実さん)の7名がお見えになりました。

       いちかわ電力準備会は、昨年8月30日に結成された千葉県市川市在住の団体。持続可能でクリーンな電気を発電し、地元に供給していくことをめざして活動されています。

       NPOえねちば側からは、川本俊司理事と斎藤清監事、そして私森田が参加しました。

       当日はご一行を歓迎するかのような太陽光発電日和。雲一つない快晴です。

       この日は、同時に看板の取付を行いました。看板には、市民発電所に出資してくれた方々のお名前を記してあります。

      20160118_002.jpg


       その後一行は、大網白里市在住で光太陽農園を運営する佐久間晴一さんを訪ねました。佐久間さんはご自身の畑にソーラーシェアリングを設置しています。

      20160117_003.jpg

      説明をする佐久間晴一さん


      20160117_004.jpg

      フォークに乗って上からソーラーシェアリングを見学


       最後に第2発電所予定地の見学も行いました。

      20160117_005.jpg


       1日の締めくくりは、千葉で懇親会。いちかわ電力準備会の皆さま、ありがとうございました。(森田)

      おやこエネルギー教室、自然エネルギー白書をひもとく会のご報告

      0
         大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もNPOえねちばをよろしくお願いします。

         さて、こちらも遅くなりましたが、昨年実施したイベントのご報告です。

         11月29日、千葉市幕張勤労市民プラザ・視聴覚室にて、「おやこエネルギー教室 おやこで電気をつくってみよう!」を行いました。主催は、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会と千葉市幕張勤労市民プラザ(指定管理者Fun Space・オーチュー共同事業体)です。

        20160115_001.jpg

        自分で作ったソーラーランタンに歓喜!


         「エネルギーって何? でんきって何?」という座学を行った後、ソーラーランタンをみんなで工作しました。講師は、座学を石川弘毅さん(自然エネルギー千葉の会)が、工作を川本俊司さん(自然エネルギー千葉の会理事)が担当しました。

         部屋を暗くして、ソーラーランタンを点灯すると、歓声が上がりました。教室には、定員を上回る22組の親子が参加しました。

         つづいて、12月13日には「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催しました。2012年から始めて4年4回目の開催です。

        20160115_002.jpg

        講師の松原弘直さん


         会場はトレジャーリバーブックカフェ、講師は自然エネルギー千葉の会顧問で、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さんです。

         2つのイベントとも、パルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けています。また、動画ができ次第、ホームページで公開いたします。(森田)

        いちかわ電力準備会さんの定例会でお話しました

        0
          20151023.JPG


           10月11日、JR市川駅前のアイリンク会議室にて、いちかわ電力準備会さんの第3回定例会が開かれ、当会代表理事の森田がお話をしました。

           いちかわ電力準備会は、今年8月30日に結成された千葉県市川市在住の団体。持続可能でクリーンな電気を発電し、地元に供給していくことをめざして活動されています。

           森田代表理事は、大網白里第1市民発電所建設の事例報告を行いました。具体的な事例とともに、事業に取り組む考え方について、持論を述べました。

           準備会の会員さんからは、たくさんの熱心な質問が出され、皆さまの熱意が伝わる定例会となりました。

           県内に市民発電所建設をめざす動きが広がることは、本当に嬉しいことです。

           太陽光発電の買取価格が下がり、新規太陽光発電の事業化が難しくなりつつあるなか、頑張ろうとしているいちかわ電力準備会さんには、これからもエールを送り続けたいと思います。(森田)

          講演会・市民のための自然エネルギーの動画です

          0
             2015年6月15日に開かれた「講演会・市民のための自然エネルギー」の動画です。


            PART1



            PART2



            PART3





            講演会・市民のための自然エネルギーを開催しました

            0
              20150702_004.jpg


               ご報告が遅れて申し訳ありません(汗)。6月14日、千葉県大網白里市にて講演会「市民のための自然エネルギー」が開催されました。(主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会)

               会場は、市民発電所建設でもお世話になった大里綜合管理(株)の社屋をお借りしました。告知に時間とお金をかけられなかったのですが、それでも地元大網白里市民中心に多くの方々に集まっていただきました。

               司会はNPOえねちばの斎藤清監事が務め、まずは大里総合管理の野老真理子社長から挨拶をいただきました。

               最初の講演は、千葉エコ・エネルギー(株)の馬上丈司代表取締役社長。演題は「自然エネルギー時代の市民発電」です。

              20150702_002.jpg

              馬上丈司さん


               馬上さんは、再生可能エネルギー固定買取制度によって太陽光発電をはじめ自然エネルギーが爆発的に増えたことを肯定的に語ったうえで、政府の再エネ政策について「目指す社会像が見えてこない」と批判。「地域経済・進行に貢献する産業の創出という視点が重要」と指摘しました。

               市民発電の重要性については、「地元産業との相乗効果を生み、エネルギー事業への参画意識を得ることができる。自らの生活に欠かせないエネルギーを、自らの手で作る自覚と責任の醸成が何よりも重要だ」と述べました。

               続いて、衆議院議員の田嶋要代議士が登壇しました。田嶋さんは、「エネルギー地方分権は、権限プラス財源プラス電源だ」と述べ、具体例として、バイオマスの普及促進、地中熱利用の加速、住宅の断熱強化などを説明しました。

              20150702_001.jpg

              田嶋要さん


               また、現在「分散型エネルギー利用の促進に関する法律案」を議員立法で準備していることを明らかにし、「千葉県を再エネ日本一にしよう」と力説しました。

               質疑応答の中で、NPOえねちば代表理事で千葉みらい電力代表社員の森田一成から、このたびオープンした大網白里第1市民発電所についての説明がありました。

              20150702_003.jpg

              森田一成代表理事


               「自然エネルギーは市民が取り組んでこそ意義がある。大網白里第1市民発電所はその第一歩だ」

               その後も質疑応答・意見交換が続きました。

               講演会終了後、スタッフと馬上さん、田嶋議員で大網白里第1市民発電所の見学会も行われました。天気が良く、元気に発電している様子を確認できて、皆さんニッコリしていました。(森田)

              20150702_005.jpg


              雑草取りを行いました

              0
                 5月30日(土)、大網白里第1市民発電所敷地内の雑草取りを行いました。

                 初夏を迎えた今日、雑草の勢いはすさまじいものがあります。17日の点灯式からわずか2週間で雑草の一部がパネルの高さを超えてしまいました。

                20150531_001.JPG

                作業前の状態


                 30日の午前10時からお昼休みをはさんで午後2時過ぎまで、3人で作業を行いました。

                20150531_003.jpg


                20150531_002.JPG

                作業後、全景


                 千葉みらい電力合同会社では、定期的に雑草取りを行います。このボランティアに参加ご希望の方は、ご連絡ください。

                 市民発電所は、できるだけ市民自らの手でで管理したいと思っています。ご協力、よろしくお願いします。(森田)

                大網白里第1市民発電所点灯式を開催しました

                0
                   5月17日、大網白里市中部コミュニティセンターにて、「大網白里第1市民発電所点灯式」が行われました。(主催は千葉みらい電力合同会社

                  20150521_001.jpg


                   発電所の運営会社である千葉みらい電力の森田一成代表社員は、「今日お集まりいただきました皆様をはじめ、多くの方々のご協力でこの日を迎えることができました。御礼申し上げます」と謝意を述べた後、「千葉みらい電力は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会を母体に設立されました。この発電所自体は小さいものですが、市民主導・地域主導の発電所には大きな可能性があります」と述べました。

                   協力者からの発言として、自然エネルギー千葉の会顧問で、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さんは、「経産省の設備認定を調べると、大網白里市全体では6メガワットの太陽光発電所があります。この市民発電所のようなコミュニティパワーが拡大することを望みます」と述べました。

                   続いて、発電所建設のコンサルタントとして関わった千葉エコ・エネルギー株式会社代表取締役社長の馬上丈史さんは、「今後、エネルギーの自由化が進む中で、自然エネルギーによって地域にエネルギーを供給していくことが、地域の自立にも繋がります」と指摘しました。

                   自然エネルギー千葉の会の川本俊司理事からは、大網白里第1市民発電所の設備概要が説明されました。当該発電所では、Webでリアルタイムに発電量がモニタリングできる「ソーラーモニター」を採用しています。その説明を川本理事と馬上社長が行いました。

                   その後、参加者は現場に移動。太陽光発電所を見学するにはこれ以上ないぐらいの快晴のもと、現場をひと通り見て回りました。発電所はマックスで発電していました。

                  20150521_002.jpg


                  20150521_003.jpg

                  全員で記念写真


                   全員で記念写真を撮った後は、場所を移動して食事会を行いました。これまでの苦労話や笑い話を肴に大いに盛り上がりました。

                   この後、光太陽農園の佐久間晴一さんが展開しているソーラーシェアリングを見学に行くことが急きょ決まり、みんなで見に行きました。

                  20150521_004.jpg


                   盛りだくさんの内容となった点灯式。参加者は皆笑顔で過ごされました。未来を感じる1日でした。

                   なお、当日は千葉テレビさんが取材に見えられ、翌日のニュースで取り上げられました。(森田)

                  ロケットストーブ製作ワークショップを開きました

                  0
                     3月8日の日曜日、ロケットストーブ製作ワークショップを開きました。場所はおやこカフェ幕張さん、主催はNPO法人自然エネルギー千葉の会です。

                     小雨がぱらつくあいにくの空模様でしたが、スタッフは正午からタープを張って準備万端で臨みます。定刻の13時には雨も上がり、絶好のストーブづくり日和に。(ストーブづくりはある程度寒くないと、ありがたみが出ませんからね。)

                     はじめにカフェ内で簡単な座学。講師は自然エネルギー千葉の会理事の川本俊司さんです。

                    20150311_001.jpg


                     説明もそこそこに、参加者は外に出て作業を開始。ペール缶にドリルで穴を開け、金切りバサミで広げます。そこに、T時型のステンレス製煙突とU字型の煙突を組み合わせてはめ込みます。

                     断熱材として、土壌改良材のパーライトを敷き詰めます。ゴトク代わりにレンガをおけばもう完成! 作業時間は30分程度でした。

                    20150311_002.jpg


                     完成したロケットストーブに火入れを行います。安定した燃焼まではやはり多少時間がかかりますね。それでも暖を取るには充分な火力です。

                     せっかくのストーブですから、料理をしないともったいない。スモークチキンとトマト・キャベツのスープを作りました。

                    20150311_003.jpg


                     火が回るまでは少し時間がかかりましたが、野外で、それもバイオマスで加熱した料理は最高! おやこカフェ幕張の渡邊好道さんからはワインの差し入れもあり、おいしくいただきました。

                     「ヒートライザー(煙突部分)はもう少し長いほうがいいかも」などの改良意見も出て、ワークショップは大いに盛り上がりました。

                     おやこカフェ幕張の皆さん、ご協力ありがとうございました。スタッフの皆さん、参加者の皆さん、お疲れさまでした。またやりたいですね。(森田)

                    自然エネルギー白書をひもとく会を開きました

                    0
                       11月30日、「自然エネルギー白書をひもとく会」が開催されました。主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、会場はトレジャーリバーブックカフェ。

                       講師は、自然エネルギー白書の編集責任者で、NPOえねちば顧問の松原弘直さんです。松原さんは、プロジェクターで資料を照射しながら説明。最新情報をふまえて、自然エネルギーの現在の状況を解説します。

                      20141210_001.jpg


                       2012年からスタートした固定買取制度により、大規模水力以外の自然エネルギーによる発電量は、2013年度の時点で国内全体の約5%に達したこと、この勢いは止まらず、2014年8月末現在で約7200万kWが設備認定されていることを指摘。

                       九州電力および東北電力管内では、設備認定ベースで全発電設備の7割を超え、九州電力では導入量も全発電設備の2割を超えており、これが各電力会社の「接続保留」へと繋がったことが明らかにされました。

                       こうした状況をふまえ、経産省の審議会である総合資源エネルギー調査会の新エネルギー小委員会に系統ワーキンググループが設置されることとなりましたが、自然エネルギーをベースとした系統運用=送電網の整備が求められています。

                       この他、先行するヨーロッパの事例、各発電種別ごとの導入状況と課題、熱利用の重要性などが提起されました。

                      20141210_002.jpg


                       参加者からは、「自然エネルギー100%社会は本当に可能なのか」「水素エネルギーに対する評価は」「海洋エネルギー利用は進んでいるんか」「金融機関の再エネへの理解が進まないと事業が広がらない」などの質問、意見が出ました。

                       活発な議論で、大いに盛り上がったひもとく会。課題も多いが、自然エネルギーが着実に広がっていることを実感させるワークショップでした。スタッフの皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。(森田)

                      ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けて実施されました。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:137 最後に更新した日:2018/04/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode