大網白里第1市民発電所点灯式へのお誘い

0
    20150330_002.jpg


     市民がつくる自然エネルギー=「大網白里第1市民発電所」がいよいよスタートします。現在、4月連係(発電)に向けて急ピッチで建設作業中です。

     私たちにとって待望の市民発電所の開始を実現できたのも、ひとえに皆様のご協力・ご支援の賜物と、深く感謝しております。

     つきましては、この度市民発電所の設立にご協力をいただきました皆様に心よりの感謝の意を表したく、事業者であります千葉みらい電力合同会社主催で下記のとおり点灯式を開催します。

     あわせて現場の見学会も催します。その後はささやかながら食事会を開催し、発電所のオープンをお祝いしたいと思います。

     ご多忙中のこととは思いますが、ぜひともご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

    大網白里市第1市民発電所点灯式

    日 時 ● 5月17日(日) 10時より
    場 所 ● 大網白里市中部コミュニティセンター 第2会議室
          千葉県大網白里市柿餅26-1
           ※当日車を出します。午前8時にJR千葉駅北口ロータリー待ち合わせです。
    食事会 ● ごはんまえ
          大網白里市南今泉294-1
          電話 0475-77-3080
    参加費 ● 無料(予約制)
    お問合 ● renewable.energy.chibaアットgmail.com

    ※参加人数を確定させるために、お申込み、ご予約をお願いします。

    ロケットストーブ製作ワークショップを開きます

    0
      20140826_002.jpg


       ロケットストーブという名を聞いたことがありますか? 比較的簡単に手作りできる木質燃料のストーブです。

       熱を送りだすヒートライザーと呼ばれる部分がロケットの噴射口に似ているところからその名がついたと言われています。燃焼効率が高く、完全燃焼に近いため、煙もほとんど発生しないのです。

       庭木の剪定枝や木製の廃材など、そのままでは捨ててしまうものを燃料として活用できるので、とってもお得。何より木質バイオマス燃料で熱利用ができるロケットストーブは、再生可能エネルギー利用機器にほかなりません。

       さらに、震災などで停電したり、ガソリン・灯油などが入手困難になったときに、手軽に暖をとることができる優れた防災グッズでもあります。

       一家に一台あっても損はありません。この機会に再エネ機器を手作りしてみませんか?

       いやいや、理屈はいっさい抜きにして、みんなで火を囲み、煮炊きをして食べたり、燃える火を見ながら乾杯するだけでもとても楽しいこと。バーベキューに参加するつもりで参加してみませんか?

      ロケットストーブ製作ワークショップ
      日時 ● 3月8日(日)13時から
      会場 ● おやこカフェ幕張
           千葉市花見川区武石町1-560
           https://ja-jp.facebook.com/oyaco.cafe
      講師 ● 川本俊司さん(特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会理事)
      参加費 ● ロケットストーブを工作する方 4,000円+カフェで飲み物1杯(5台まで)
            見学者 500円(食材費実費)+カフェで飲み物1杯
      主催 ● 特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会
      申込連絡先 ● Email:renewable.energy.chibaアットgmail.com
              TEL.080-5417-6948(森田)

      【注意事項】
      ・工作の素材は4台分用意します。工作を希望される方は、お早めに予約をお願いします。
      ・工作したストーブを持ち帰るため、工作する方は車でお越しください。ただし、会場には駐車場はありません。コインパーキング「幕張中横パーキング」千葉市花見川区武石町2-601-2にお停めください。
      ・工作は中学生以上とします。小学生以下は保護者と一緒に作業してください。
      ・アルコール等は別途清算します。(持ち込み歓迎)
      ・車を運転する方は、アルコール厳禁です。(森田)

      自然エネルギー白書をひもとく会、今年も開催します

      0
        20141103.gif


         皆さま、こんにちは。

         一昨年、昨年に引き続き、今年も11月30日(日)に「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催します。

         再生可能エネルギー普及の道は、現在大きな曲がり角を迎えています。「九電ショック」と言われた再エネ買い取り留保問題は、九州電力、北海道電力、東北電力、四国電力、沖縄電力の5電力にまで拡大しました。

         FIT(全量買取制度)が開始されてから2年数ヶ月で、再生可能エネルギーは当初予想を大きく上回るほどの拡大を見せました。たとえば九州電力管内においては、設備認定ベースで太陽光発電だけで電力総需要を上回るほどにまで急拡大しています(春や秋の晴天時)。

         再エネの急拡大はもちろん喜ぶべきものですが、電気は多すぎてもダメで、需要と供給が一致していないと成立しません。また、太陽光に偏重することによって、風力や小水力、地熱などの他の再エネが発展していかないという問題もあります。

         風雲急を告げる自然エネルギーを取り巻く状況について、私たちは今年もしっかりとした学習会に取り組みます。

         『自然エネルギー白書』は、認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)が毎年発行している、自然エネルギーに関する集大成の書物です。2014年版テキストはこちらから全文無料で手に入れることができます。

         講師は、同書の編集責任者で当会顧問の松原弘直さんです。再生可能エネルギーをめぐる最新の情報も交えて解説いただきます。詳しいプロフィールは、こちらを参照してください。

         参加は資料代として500円を頂戴しますが、トレジャーリバーブックカフェの美味しいコーヒーまたは紅茶とデザートが付きます。

         皆さまのご参加をお待ちしています。(森田)

        20130813_002.JPG

        講師は松原弘直さん


        自然エネルギー白書をひもとく会

        【日時】
        11月30日(日)14:00〜17:00

        【会場】
        トレジャーリバーブックカフェ
           千葉市中央区登戸1-11-18
           http://treasureriverbook.web.fc2.com

        【講師】
        松原弘直さん(環境エネルギー政策研究所・主席研究員、自然エネルギー千葉の会顧問)

        【参加費】
        500円(ソフトドリンク、スイーツ付)
        予約制/先着20名様

        【主催」
        特定非営利活動法人 自然エネルギー千葉の会

        【問合せ/お申込み】
        FAX.043(275)7825
        Email. renewable.energy.chibaアットgmail.com
        Web. http://www.npo-enechiba.org

        ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けています。

        おやこエネルギー教室を開きます

        0
          20140903_001.jpg


          昨年のおやこ電気教室の様子




          おやこで電気をつくってみよう!

          風力発電機の工作にチャレンジ!




          ・エネルギーってなに?

          ・電気はどうやってつくられるの?

          ・自然(しぜん)エネルギーってどういうの?



          ※今回はサボ二ウス型風力発電機を作ります!

          (サボ二ウス型風力発電機とは垂直軸の風力発電機。円筒を2つに切って、ずらした形をしています。)



          講師:水谷紫苑(東京理科大学川村研究室)

          会場:千葉市幕張勤労市民プラザ 多目的ホール

             千葉市美浜区若葉3-1-8(JR海浜幕張駅から徒歩13分)

             TEL:043-274-0027 FAX:043-274-9252

             http://chibaksp.jp/makuhari/

          定員:48名(親子24組)

          受講料:500円

          参加対象:小学校中・高学年

          持ち物:筆記用具



          お申込方法

          (1)以下のいずれかにご連絡ください。

          Emai:renewable.energy.chiba@gmail.coml(自然エネルギー千葉の会)

          電話:043-274-0027(幕張勤労市民プラザ)

          (2)参加費は開催日までに、または開催日当日に勤労市民プラザにお支払いください。



          ※保護者の方へ

          ・「おやこエネルギー教室」は、親子でエネルギーと電気の基礎知識を楽しく学ぶために企画したものです。座学だけではなく、簡単な工作等体験学習を通じて「電気とは何か」「エネルギーとは何か」を学んでいきます。

          ・対象は小学校中・高学年ですが、お子様が小学校低学年でも構いません。

          ・お子様(未就学児童、小学生)だけのご参加はできません。保護者の方がいれば、複数のお申し込みも可能です。

          ・危険な実験などはありませんが、工作を行いますので、保護者の方は責任をもってお子様の面倒をお願いします。

          ・大人の方(中学生以上)も参加できます。



          主催:特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会

             千葉市幕張勤労市民プラザ

             (指定管理者Fun Space・オーチュー共同事業体)

          協力:東京理科大学川村研究室、おやこカフェ幕張

          (この事業は、パルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けています。)

          エネルギー・カフェ2014「地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ」のお知らせ

          0
            20140626.jpg

            スピーカーは江守正多さん(国立環境研究所)


             皆さま、こんにちは。今年も開催するエネルギー・カフェのお知らせです。

             エネルギー・カフェは、カフェでお話をするようにエネルギー問題を気軽に語り合うことをコンセプトに企画しています。今年は、地球温暖化問題を切り口に行います。

             2011年東日本大震災にともなう原発過酷事故以降、原発・放射能問題が社会の大きな関心となり、地球温暖化問題は2の次、3の次となった感がありました。しかし地球温暖化問題は、本当に目をつぶってやり過ごしてしまっていい問題なのでしょうか?

             昨年夏は記録的な猛暑となり、度重なる大雨、竜巻の発生とともに「異常気象」という言葉が聞かれました。これらは地球温暖化のなせる業なのでしょうか?

             一方、地球温暖化への懐疑論も世の中にはまだまだあります。

             今回のエネルギー・カフェでは、地球温暖化問題の第一人者・江守正多さん(国立環境研究所)をお招きして、地球温暖化と異常気象、そしてエネルギー問題について考えたいと思います。

             お気軽に、楽しく、かつ深くこの問題について考えていきましょう。

            エネルギー・カフェ2014
            地球温暖化? 異常気象? 地球とエネルギーに関するエトセトラ

            【日時】
            8月10日(日)14:00〜17:00

            【会場】
            トレジャーリバーブックカフェ
               千葉市中央区登戸1-11-18
               http://treasureriverbook.web.fc2.com

            【問題提起者】
            江守正多さん

            【プロフィール】
            1970年神奈川県生まれ。
            国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長。
            専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。
            気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。

            【プログラム】
            14:00〜    オープニング
            14:00〜14:45 問題提起
            14:45〜14:55 休憩
            14:55〜15:40 第1セッション
                   (質疑応答・討論)
            15:40〜15:50 休憩
            15:50〜16:35 第2セッション
                   (質疑応答・討論)
            16:35〜17:00 まとめ
                   クロージング

            【参加費】
            500円(ソフトドリンク、スイーツ付)
            予約制/先着30名様

            【主催」
            特定非営利活動法人 自然エネルギー千葉の会

            【問合せ/お申込み】
            FAX.043(275)7825
            Email. renewable.energy.chibaアットgmail.com
            Web. http://www.npo-enechiba.org

            ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けています。

            フライヤー(PDFファイル)はこちら

            映画上映&講演会「ご当地電力講座〜市民発電所は作れる〜」のお知らせ

            0
              20140619.jpg


               イベントのお知らせです。自然エネルギーを広めるネットワークちば(Renetちば)主催の「ご当地電力講座〜市民発電所は作れる〜」です。

               私たちNPOえねちばは、「自然エネルギーを私たちの手で」をキャッチフレーズにしていますが、私たちと志を同じくする団体が全国で産声を上げています。大手企業主導ではない、地域主導・市民主導の市民発電所、それが「ご当地電力」です。

               NPOえねちば顧問でもあり、環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さん、太陽光発電所ネットワーク東京交流会の田中稔さんを講師に迎え、ご当地電力の作り方についてレクチャーしていただきます。

               また、千葉の地でご当地電力建設に尽力されてきた団体からの報告もあります。

               映画『シェーナウの想い』上映会、ランチ交流会も行います。これからご当地電力をつくろうと思っている方、何か協力できることはないかと考えている方、ぜひご参加ください。

               詳しくはRenetちばのホームページをごらんください。

              映画上映&講演会「ご当地電力講座〜市民発電所は作れる〜」

              【開催日】
              7月12日(土)10:30〜17:00

              【第1部】
              10:30〜11:30 映画上映(費用・無料)
              『シェーナウの想い』
              〈映画内容〉
              ドイツの小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。

              【休憩】
              11:30〜13:00 交流会 (お弁当・500円)
              参加者の『皆さま』と『講演会講師・参加団体』との交流タイム。日頃の疑問・質問の解消や人材交流などお気軽にお楽しみ下さい。
              ※お昼を持参される方は参加無料。
              ※お弁当をご希望の方は、事前にお申込みください。

              【第2部】
              13:00〜16:00 講演会(費用・1.000円)

              13:00〜13:55
              『コミュニティパワーからご当地エネルギーへ〜国内外の取組みと事例』
              講師:ISEP 松原弘直 氏

              14:00〜14:55
              『市民発電を始めよう―具体的なプロセスと実践例―』
              講師:PV-net東京地域交流会 田中 稔 氏

              15:00〜15:30
              参加団体の紹介・活動報告など

              15:30〜16:00
              質疑応答

              【第3部】
              16:05〜17:00 懇親会(費用・500円)

              【場所】
              生活協同組合パルシステム千葉 船橋本部
              船橋市本町2-1-1 船橋スクエア21(4F)

              【対象】
              興味のある方はどなたでも(先着50名)

              【参加費用】
              映画会     10:30〜11:30(無料)
              交流会(お弁当付)11:30〜13:00(500円)
              交流会(お昼持参)11:30〜13:00(無料)
              講演会     13:00〜16:00(1.000円)
              懇親会     16:00〜17:00(500円)

              【お申し込み】
              お申込みに関しては『氏名』『連絡先』『団体名』『ご希望の参加項目』をすべてご記入の上、メール、FAX、電話にてご応募ください。

              【問い合わせ先】
              自然エネルギーを広めるネットワークちば 事務局
              (担当:生協パルシステム千葉 総務部 山口)
              TEL:047-420-2600  FAX:047-420-2400

              アースデイちば2014に出展します

              0
                20140407.jpg

                アースデイちば2013の様子


                 NPOえねちばは、「アースデイちば2014」に出展します。

                 アースデイちばのコンセプトは、参加者が楽しいイベントを通して、環境問題/リサイクル/地産地消etcを考え、実践していくことです。県内の各団体/各企業が一堂に会し、互いの活動の情報交換がなされる場でもあります。

                アースデイちば2014
                ・2014年5月18日(日)10:30〜16:00(雨天決行)
                ・場所/稲毛海浜公園(昨年同様)

                 私たちもこの趣旨に賛同し、2012年から出展しています。

                 今年のNPOえねちばの出展内容は以下の予定です。

                ・ピコ水力発電システム=たまピコのデモンストレーション
                 (自転車のハブダイナモを利用した超小型水力発電システムです。)
                ・手作りカンバッジ
                ・電気料金(領収書)の見方
                ・えねちば活動記録、アンペアダウンのパネル展示

                 皆さま、お気軽に遊びに来てくださ〜い!(森田)

                おやこ電気教室のフライヤー(ポスター)ができました

                0
                  20131013.jpg


                   11月24日に開かれるイベント「おやこ電気教室 おやこで電気をつくってみよう!」のフライヤーができました。ポスターも同じデザインです。

                   ほしい方は、千葉市幕張勤労市民プラザにあります。

                   PDFでほしい方は、こちらからダウンロードできます。 → おやこ電気教室フライヤー

                  (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されます。)

                  おやこで電気をつくってみよう! 「おやこ電気教室」を開きます

                  0
                    おやこ電気教室
                    おやこで電気をつくってみよう!


                    20131010.JPG


                    ・電気はどうやってつくられるの?
                    ・足りないとどうなるの? 多いとどうなるの?
                    ・力をあわせて、電きゅうをつけてみよう!
                    ・自然(しぜん)エネルギーってなに?

                    会場:千葉市幕張勤労市民プラザ 視聴覚室
                       千葉市美浜区若葉3-1-8(JR海浜幕張駅から徒歩13分)
                       TEL:043-274-0027 FAX:043-274-9252
                       http://chibaksp.jp/makuhari/
                    定員:40名(親子20組)
                    受講料:500円
                    参加対象:小学校低学年
                    持ち物:筆記用具

                    お申込方法
                    (1)以下のいずれかにご連絡ください。
                    Emai:renewable.energy.chiba@gmail.coml(自然エネルギー千葉の会)
                    電話:043-274-0027(幕張勤労市民プラザ)
                    (2)参加費は開催日までに、または開催日当日に勤労市民プラザにお支払いください。

                    ※保護者の方へ
                    ・「おやこ電気教室」は、親子で電気の基礎知識を楽しく学ぶために企画したものです。座学だけではなく、体験学習を通じて「電気とは何か」「エネルギーとは何か」を学んでいきます。
                    ・対象は小学校低学年ですが、お子様が未就学児童、小学校高学年でも構いません。
                    ・お子様(未就学児童、小学生)だけのご参加はできません。保護者の方がいれば、複数のお申し込みも可能です。
                    ・危険な実験などはありませんが、保護者の方は責任をもってお子様の面倒をお願いします。
                    ・大人の方(中学生以上)も参加できます。

                    主催:特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会
                       千葉市幕張勤労市民プラザ
                       (指定管理者Fun Space・オーチュー共同事業体)
                    協力:おやこカフェ幕張、ナカザト電気でんこさん

                    (この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成により運営されます。)

                    エコメッセ in ちば2013・パネルディスカッション「千葉から広げる自然エネルギー」が開かれます!

                    0
                      20130910_001.jpg


                       昨年より再生可能エネルギー(電気)全量買取制度が始まるなど、自然エネルギー事業は確実に拡大しています。

                       昨年のエコメッセでのパネルディスカッションは、「どう取り組むか これからの新エネルギー」でした。それを踏まえ、今年は千葉県内で着実に広がりつつある再生可能エネルギー事業について意見交換をします。

                       現状の認識、今後の課題などをディスカッションし、千葉県における自然エネルギーの「未来」を展望し、「希望」を語り合います。パネリストは事業者、行政担当者、研究者とします。もって、市民・事業者・行政・研究者のパートナーシップを培うことを目指します。

                       主催は、NPOえねちばも加盟している「自然エネルギーを広めるネットワークちば(森田一成代表)」と「エコメッセちば実行委員会」です。(森田)

                      20130910_002.jpg


                      【日時】
                      9月28日(土)13:30〜15:45

                      【会場】
                      幕張メッセ・201会議室

                      パネリスト】
                      松原弘直(環境エネルギー政策研究所主席研究員)
                        「千葉県(および日本)の再生可能エネルギー・ポテンシャル」
                      馬上丈司(千葉エコ・エネルギー株式会社代表取締役社長)
                        「自然エネルギーや省エネ・マネジメントのコンサルティング事業」
                      浅井英朗(オーガニック・エナジー・プロジェクト)
                        「農業と太陽光発電を両立させる『ソーラーシェアリング』について」
                      三上清作(大多喜町環境水道課課長補佐)
                        「大多喜町が進める面白峡小水力発電事業について」
                      加藤秀生(株式会社自然エネルギー市民ファンド)
                        「旭市の風力発電所と市民ファンドについて」
                      コーディネーター:森田一成(自然エネルギーを広めるネットワークちば代表)
                      司会:長谷川弘美(ちば市民放射能測定室「しらベル」)
                      (敬称略)

                      【主催】
                      自然エネルギーを広めるネットワークちば
                      エコメッセちば実行委員会

                      【参加費】
                      無料

                      【お申込方法】
                      とくに必要ありません。そのまま会場にお越しください。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
                        So Seki-Rin
                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:142 最後に更新した日:2019/02/02

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode