ドイツでの再生可能エネルギー地域事業視察報告(その1)

0
     NPOえねちばの森田一成は、10月24日から30日、ドイツでの再生可能エネルギー地域事業の視察に行ってきました。その報告を連続で行います。

     視察初日(10月25日)は、ジンゲンという町の地域エネルギー会社「ソーラーコンプレックス社」とラドルフツェル市の「シュタッドヴェルケ・ラドルフツェル」を視察します。(聞き慣れないシュタッドヴェルケという言葉ですが、また後で説明します。)

     まずはソーラーコンプレックス社から。同社は2000年、市民20人の出資で設立された民間エネルギー会社です。自らを「市民企業」と称し、太陽光発電、太陽熱利用、風力発電、木質バイオマス、バイオガス地域熱供給事業等を行っています。

    20161122_001.jpg

    ソーラーコンプレックス社の入り口に掲げられているバナー


     市民企業といっても従業員は約40人、株主は約1,000名、2013年総資産額で約5,000ユーロ(約58億5,000万円)、同年発電量で約3,000万kWhにのぼります。

     会社が入っているオフィスビルがパッシブハウスになっていて、徹底した断熱壁、、三重ガラス、熱交換器付換気システム等が完備されています。電気は屋上にある太陽光発電の自家消費(余剰は売電)です。

    20161122_002.jpg

    各部屋にある換気システム。ちょうどよい暖かさに包まれる


     説明してくれた方はユッタ・ガウクラーさん。女性の方です。(通訳は日本再生可能エネルギー総合研究所代表の北村和也さん)



     座学の後は、実際にバイオガスプラント見学に、マウエンハイムという村に行きます。

    20161122_003.jpg

    マウエンハイム村


     のどかな農村です。牛舎の牛が出迎えてくれました。

    20161122_004.jpg


     家畜の糞尿、農業残渣、エネルギー作物を混ぜたものを貯蔵槽・発酵槽に投入し、ガスを発酵させます。そこからメタンを取り出しジェネレーターで発電させます。その電気は固定買取制度(ドイツではEEGと呼びます)を利用して売電し、発生した熱を温水にして各家庭の暖房・給湯用に供給します。

    20161122_005.jpg

    バイオガスプラント


    20161122_006.jpg

    発電タービン


     冬場はバイオガスだけだと熱の供給量が足りなくなるので、木質バイオマスで炊き増しをします。逆に夏は熱の需要がなくなるので、余分な熱で木質チップを乾燥させるそうです。

    20161122_007.jpg

    木質バイオマスボイラー


     数字の上では、この村の電気と熱100%を供給する能力があるそうです。電気と熱の両方を活用するコジェネレーションシステムが、理想的な形で実現されていると思います。(続く)

    自然エネルギー白書をひもとく会2016を開催します

    0
      20161102_001.jpg


       特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会は、今年も「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催します。開催日は11月26日(度)です。

       『自然エネルギー白書』は、認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)が毎年発行している、自然エネルギーに関する集大成の書物です。2016年サマリー版がこちらから無料で手に入れることができます。
      → http://www.isep.or.jp/jsr2016

       2012年から始まったこの「自然エネルギー白書をひもとく会」も今年6回目を迎えます。この間、固定価格買取制度が始まり、太陽光発電をはじめ再生可能エネルギー導入が飛躍的に伸びましたが、一方で課題も見え始めています。

       講師は、同書の編集責任者で当会顧問の松原弘直さんです。また今年は、10月24日〜31日ドイツで再生可能エネルギー地域事業の視察に参加した森田一成・当会代表理事の報告も行います。

      20161102_002.jpg

      ヴィルトポルトリート村のバイオガス・プラント


       参加は資料代として500円を頂戴しますが、トレジャーリバーブックカフェのソフトドリンクを注文できます。

       皆さまのご参加を心からお待ちしています!(森田)

      === 自然エネルギー白書をひもとく会2016 ====

      【日時】
      11月26日(度)14:00〜17:00

      【会場】
      トレジャーリバーブックカフェ
         千葉市中央区登戸1-11-18
         http://treasureriverbook.web.fc2.com/

      【講師】
      松原弘直さん(環境エネルギー政策研究所・主席研究員、自然エネルギー千葉の会顧問)
      森田一成(自然エネルギー千葉の会代表理事)

      【参加費】
      500円(ソフトドリンク付)
      予約制/先着20名様

      【主催】
      特定非営利活動法人 自然エネルギー千葉の会

      【問合せ/お申込み】
      FAX.043(275)7825
      Email. renewable.energy.chiba@gmail.com
      Web. http://www.npo-enechiba.org/

      九十九里まりん発電所無事発電開始

      0
        20161014_001.jpg


         本日2016年10月14日、千葉みらい電力管理の九十九里まりん発電所(設備容量69.96kW)が連係(発電開始)となりました。


        20161014_002.JPG


         本日の連係を祝うような晴天の下、無事作業を終了しました。これから20年間、電気を生み出し続けます。(森田)


        決算を済ませ、税金を納めました

        0
           9月、千葉みらい電力合同会社の第3期決算報告書(2015年8月〜2016年7月)を提出しました。同時に諸税金の支払いを済ませました。

           法人市民税¥50,000-、法人県民税¥28,900-、固定資産税(第3期)¥20,000-、そして消費税¥84,800-。

           はぁ、結構な額になりますね。。もちろん、法人の社会的責任において、納税義務は果たしていきますが。(森田)

          新しい発電所ができました!

          0
            20160907.jpg


             新しい太陽光発電所ができました。名称は「九十九里まりん発電所」。

             低圧、野立の太陽光発電所になります。

             大網白里第1市民発電所と同じく九十九里浜から近いため、塩害対策用に架台がアルミニウム製となっています。

             こちらは、千葉みらい電力合同会社管理の発電所となります。

             連係は10月14日に予定しています。今度、見学会も行います。乞うご期待ください!(森田)

            【設備概要】
            設備容量:69.96kW
            事業期間:20年間
            用地面積:796平方メートル
            パネルメーカー:JAソーラー
            モジュール:JAP6-60-265/4BB 264枚
            パワーコンディショナー:デルタ RPI H6J
            売電先:東京電力株式会社
            年間想定発電量:76,220kW/h
            CO2削減効果:38,453kg(杉の木2,747本分相当)

            草刈りでトラブル発生!

            0
               7月18日(月・祝日)、大網白里第1市民発電所の草刈りを行ったのですが、そこでトラブルが発生しました。

               新品の刈払い機で線を切ってしまったのです。幸い感電などはありませんでしたが、かなりの電流が流れているので素人に結線は不可能です。

              20160727_001.jpg


               結局23日(土)に電気工事店に復旧工事をしてもらい、無事復旧しました。ご心配をおかけしました。

              20160727_002.jpg


               なお、草刈りは順調に行われ、少しうっそうとしていた敷地内もすっきりしました(森田)。

              特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会第4回総会を開きました

              0
                20160715.jpg


                 7月10日、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会の第4回総会が開かれました。会場はQiball(きぼーる)千葉市ビジネス支援センター15F・会議室4です。

                 自然エネルギー千葉の会もNPO法人登記をしてから第4期を迎えました。感慨深いものがありますが、私たちの歩みはまだまだ続きます。

                 総会は15時30分から開始され、第1号議案・2015年度事業報告、第2号議案・2015年度決算報告が代表理事の森田から行われました。斎藤清監事からの第3号議案・監査報告を挟み、第4号議案・2016年度事業計画案、第5号議案・2016年度予算案を通じて、ワクワクする会の活動計画について話し合いました。

                 会員の皆さま、ありがとうございました。(森田)

                大網白里第1市民発電所の検査を行いました

                0
                  20160602_002.JPG


                   5月20日(金)、大網白里第1市民発電所の検査を行いました。検査を行ったのは、千葉エコ・エネルギー株式会社さん。

                   検査では、とりあえず重大な不具合はありませんでした。軽微な不具合については、これから対処していきます。

                  20160602_001.JPG


                   ちなみに軽微な不具合は、パワコンカバーのネジのサビやモジュール背面に作られた蜂の巣などです。(森田)

                  「講演会 電力自由化と自然エネルギー」の動画です

                  0
                     3月6日に開催された「講演会 電力自由化と自然エネルギー」の動画(ノーカット版)です。参加できなかった方、参加したけれどももう一度聞きたい方、必見ですよ。


                    PART1



                    PART2



                    PART3


                     また、当日の高橋洋さんの資料(PDFファイル)はこちらのページからダウンロードできます。あわせて、ご利用ください。(森田)

                    「講演会 電力自由化と自然エネルギー」を開催しました

                    0
                      20160309_001.jpg


                       3月6日、千葉市のホテル・メイプルイン幕張において、「講演会 電力自由化と自然エネルギー」が開催されました。(主催:特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、後援:千葉市)

                       メイン講師は都留文科大教授の高橋洋さんです。高橋さんは「電気事業法の改正によって、これまで発電・送配電・小売りまで電力会社の法定独占だったものが、発電部門、小売り部門が自由化されることになる」とし、「送配電部門だけは自由化できないので、電力広域的運営推進機関を通じ開放的なネットワークの実現を目指すことになる」と指摘。

                      20160309_002.jpg

                      講師の高橋洋さん


                       「電力システム改革の方向は、集中型から分散型へ、独占から競争へ、垂直一貫から水平分業へというもの。今後、電力自由化が自然エネルギーに結びつくかは、消費者が電気を他人事ではなく『自分事』として選択権を行使することが重要になる」と主張しました。

                       国会会期中という激務の中、駆けつけてくれました衆議院議員の田嶋要さんは、「今国会でも電力自由化に関連して質問をする予定だ。ヨーロッパに比べて20年遅れているといわれる日本の再生可能エネルギー拡大にむけて、汗をかいていきたい」と挨拶しました。

                      20160309_003.jpg

                      田嶋要衆議院議員


                       続いて新電力各社からのプレゼンです。みんな電力株式会社の飯野隆志さんは、市民発電所から電気を調達する「顔の見える発電所」のコンセプトを(1)選べる楽しさ、(2)おまけがついて購入する楽しさ、(3)発電者と繋がる楽しさ、(4)地域社会と環境に貢献する楽しさ、として説明しました。

                      20160309_004.jpg

                      みんな電力株式会社・飯野隆志さん


                       株式会社パルシステム電力の鈴木松夫さんは、同社が今後手がける「産直でんき」について、(1)生産者、産地が明らかであること、(2)生産方法や出荷基準が明らかで、生産の履歴がわかること、(3)環境保全型・資源循環型をめざしていること、(4)生産者や組合員の相互交流があることの4原則を述べました。

                      20160309_005.jpg

                      株式会社パルシステム電力・鈴木松夫さん


                       生活クラブ虹の街の山本裕一郎さんは、風車の建設からエネルギーの共同購入にいたる同生協の取り組みを概説、電気の共同購入を今年6月から1500世帯で先行実施し、10月から全体実施の予定であることを明らかにしました。

                      20160309_006.jpg

                      生活クラブ虹の街・山本裕一郎さん


                       会の最後に千葉みらい電力合同会社の森田一成代表社員は、「自然エネルギーを選択することが『やせ我慢』になってはいけない。電力自由化で再エネを大事にする新電力に切り替えるとともに、再エネ発電事業に投資することで家計を潤すこともできる」とし、千葉みらい電力が手掛ける大網白里市での市民発電所建設への協力を呼びかけました。

                      20160309_007.jpg

                      千葉みらい電力合同会社・森田一成代表社員


                       参加者からは「内容が濃いにもかかわらず大変わかりやすかった」とのお声を頂戴しています。関係各位のご協力に、あらためて感謝いたします。(森田)

                      ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けて実施されました。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:130 最後に更新した日:2017/07/14

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode