長梅雨で太陽光発電量は…

0
     6〜7月の梅雨の時期は、九州地方をはじめ西日本では豪雨が続くようになりました。昨年、一昨年は空梅雨だった南関東も、今年は長梅雨ですね。

     ここ最近の酷暑が嘘のような冷夏の気配がします。

     雨が続くと、太陽光発電量は当然下がります。九十九里まりん発電所の2019年7月前半の発電量の図です(エコめがねより)。

    20190715_2.jpg


     少し見えづらいですが、とにかく天気が曇と雨ばかりです。

     残念ながら、今年の7月はかなり成績が悪くなりそうです。なんとか後半に盛り返してほしいですね。(森田)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
      So Seki-Rin
    • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
      ECOXIA International
    • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
      石井一行
            

    profile

    書いた記事数:146 最後に更新した日:2019/09/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode