2018年、3つの市民発電所の発電実績

0
     こんばんは。NPOえねちばの森田です。

     2019年最初の書き込みが2月になってしまいました。すみません(汗)。

     3つの市民発電所の2018年1年間の発電実績を発表したいと思います。

     大網白里第1市民発電所(設備容量33.66kW)は年間合計40,260kWh発電しました(ソーラーモニター)。



     これによるCO2削減量は21,800kg-CO2/kWhとなります(省令による換算式で計算)。杉の木に換算すると1,557本になります。

     次に九十九里まりん発電所(設備容量69.96kW)ですが、85,265kWh発電しました(エコめがね)。



     CO2削減量は46,170kg-CO2/kWh、杉の木換算で3,297本です。

     富津市民発電所(設備容量59.99kW)は年間合計71,538kWh(エナビジョン)で、CO2削減量は38,737kg-CO2/kWh、杉の木換算で2,766本です。



     おかげさまで3つの発電所、すべて非常に順調です!(森田)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 自然エネルギー白書をひもとく会2018を開きます!
      So Seki-Rin
    • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
      ECOXIA International
    • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
      石井一行
            

    profile

    書いた記事数:144 最後に更新した日:2019/07/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode