講演会・市民のための自然エネルギーを開催しました

0
    20150702_004.jpg


     ご報告が遅れて申し訳ありません(汗)。6月14日、千葉県大網白里市にて講演会「市民のための自然エネルギー」が開催されました。(主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会)

     会場は、市民発電所建設でもお世話になった大里綜合管理(株)の社屋をお借りしました。告知に時間とお金をかけられなかったのですが、それでも地元大網白里市民中心に多くの方々に集まっていただきました。

     司会はNPOえねちばの斎藤清監事が務め、まずは大里総合管理の野老真理子社長から挨拶をいただきました。

     最初の講演は、千葉エコ・エネルギー(株)の馬上丈司代表取締役社長。演題は「自然エネルギー時代の市民発電」です。

    20150702_002.jpg

    馬上丈司さん


     馬上さんは、再生可能エネルギー固定買取制度によって太陽光発電をはじめ自然エネルギーが爆発的に増えたことを肯定的に語ったうえで、政府の再エネ政策について「目指す社会像が見えてこない」と批判。「地域経済・進行に貢献する産業の創出という視点が重要」と指摘しました。

     市民発電の重要性については、「地元産業との相乗効果を生み、エネルギー事業への参画意識を得ることができる。自らの生活に欠かせないエネルギーを、自らの手で作る自覚と責任の醸成が何よりも重要だ」と述べました。

     続いて、衆議院議員の田嶋要代議士が登壇しました。田嶋さんは、「エネルギー地方分権は、権限プラス財源プラス電源だ」と述べ、具体例として、バイオマスの普及促進、地中熱利用の加速、住宅の断熱強化などを説明しました。

    20150702_001.jpg

    田嶋要さん


     また、現在「分散型エネルギー利用の促進に関する法律案」を議員立法で準備していることを明らかにし、「千葉県を再エネ日本一にしよう」と力説しました。

     質疑応答の中で、NPOえねちば代表理事で千葉みらい電力代表社員の森田一成から、このたびオープンした大網白里第1市民発電所についての説明がありました。

    20150702_003.jpg

    森田一成代表理事


     「自然エネルギーは市民が取り組んでこそ意義がある。大網白里第1市民発電所はその第一歩だ」

     その後も質疑応答・意見交換が続きました。

     講演会終了後、スタッフと馬上さん、田嶋議員で大網白里第1市民発電所の見学会も行われました。天気が良く、元気に発電している様子を確認できて、皆さんニッコリしていました。(森田)

    20150702_005.jpg


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
      ECOXIA International
    • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
      石井一行
            

    profile

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2017/07/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode