風力発電所見学会を行いました!

0
     6月3日(日)、自然エネルギー千葉の会・印西支部“太陽学舎”発足記念イベントとして、県内の風力発電所の見学会を開催しました! 名付けて『新緑の季節にゆく 旭・銚子風力発電所見学散歩』です。

     午前中に旭市の「市民風車かざみ」を、そして午後は銚子市の椎柴風力発電所の1号機を見学してくる日帰りミニツアーを開催。

     「市民風車かざみ」の方は、建設資金作りのための市民ファンドを組成して出資募集などの管理をしてこられた株式会社自然エネルギー市民ファンドさん、椎柴風力発電所の方は、運営会社であるくろしお風力発電株式会社さんのご協力を得て、じっくりと見学させていただくことができました。

    20120615_001.jpg

    市民風車かざみ


     あいにくのどんよりとした空模様だったのですが、参加メンバーの多くが風車を間近に見るのが初体験だったこともあり、まずは、その大きさと迫力にビックリでした! 地面から羽根の回転軸のところまでの高さが64.7メートル、羽根の直径が70.5メートルという大きさです。

     そして、一番驚いたのは、風車が回る音が意外に小さいことです。どこか上空で飛行機が飛んでいるのかな?と思うような、どこからともなく聞こえてくる唸るようなブワーン、ブワーンという音が風車の音なのでした。

     (株)自然エネルギー市民ファンドの加藤秀生さんが説明のため現地まで来て下さいました。加藤さん、ありがとうございました!

    20120615_002.jpg


     「市民風車かざみ」の特徴は、何と言っても、建設費用のうち国からの補助金以外の部分が一般市民や中小企業・団体からの市民出資によってまかなわれているという点です。

     それから、この風車が立っているのは「滝のさと自然公園」という旭市の公園なのですが、自治体の土地を借りて建てているという点がとても珍しいとのことでした。(普通は行政は風車建設のためにはなかなか土地を貸してくれないのだそうです。非営利目的で運営することや市民出資という趣旨を汲んでもらったことで貸してもらえたとのこと。今は旭市に合併された当時の旧海上町はなかなか理解があったということですね!)

    20120615_003.jpg

    出資者のお名前が柱の根本に表示


     「かざみ」一基で、およそ300万kw/年もの電力を作り、それは一般家庭のおよそ900世帯分の電力に相当するとのこと。作った電力は東京電力へ売電しているそうです。

    20120615_004.jpg

    記念写真をパチリ☆


     動画はこちら。



     「市民風車かざみ」については、東京新聞にも次のような記事で紹介されました。参考になりますので、こちらもどうぞご覧下さい。

    東京新聞6月13日付
    未来をてらす 節電の夏<中> 旭市の市民風車 地域の電気は地域で


     詳細なレポートは太陽学舎のブログでどうぞ。(黒川)

    上総掘り(東国吉)に行って来ました

    0
      20120211_001.jpg


       2月5日(日)、「阿部ちゃんと行く上総掘り(東国吉)」の報告です。オプション企画として「手づくり工房てまひま」を、朝、見学したあと、上総掘りの体験を行いました。今回企画への参加者8名と、地元ボランティア9名、合わせて17名で上総掘りが行われました。

      20120211_002.jpg

      小堀隆治さんのアトリエ「手づくり工房てまひま」

      20120211_003.jpg

      一人3分のローテーション


       上総掘り掘削作業の他、蒔割り、たき火など、都市部では体験することができないことばかり。作業終了時の掘削深さは55.53m。2月5日分で53cm掘りました。貝殻層の地層に到達し、「水が出る日もそう遠くはない」とい地元のボランティアの方も大喜びでした。

      20120211_004.jpg


       上総掘りの後、マイクロ水力発電の候補地である農業用水路の見学へ行きました。業者による水量調査も終えていて、発電には十分な水量なのがわかりました。行政手続きの難しさや、資金面といった課題もありますが、今後に希望が持てました。

      20120211_005.jpg


       フィールドワークを通じて、地元の人の情熱や、自然の豊かさを全身で感じました。また、東国吉の人たちとも交流が深まった充実した一日となりました。

       東国吉のみなさん、参加者のみなさんありがとうございました。東国吉の上総掘りは今後も続きます。ボランティアは随時募集中。

       ボランティアを希望される方多がければ、自然エネルギー千葉の会企画としても検討いたします。興味ある方、連絡お待ちしております!

       詳しいレポートは、ブログ「マイナーチェンジ!」をご覧ください。(阿部)

      幕張マイクロ水力発電所の見学会を行いました

      0
         12月7日、千葉市美浜区の千葉県水道局幕張給水場内にあるマイクロ水力発電所を見学しました。参加者は10名。

        20111207_001.jpg


         案内は東京発電株式会社の濱田督子さんです。この発電所は、柏井浄水場から幕張給水地に水を送るときの水圧と流量エネルギーを利用したものです。

         最大出力が350kW、年間発生電力量が約182万kWhだそうで、一般家庭の510軒分に相当し、削減できるCO2は年間約760トンになります。ここでは電気を給水場内で自家消費しています。

         ご存知のとおり、千葉県は山がないので水力発電には不向きです。水力発電のエネルギーは、大規模なものでも小水力でも同じく高低差(有効落差)に基づきます。とくに北西部は平野ですので、水力発電という発想は生まれないでしょう。

         ところが、上水道という「隠れた水の流れ」に着目した東京発電さんは、水道の余った圧力のエネルギーを回収する発電所をつくりました。幕張発電所は約1億円の投資を10年で回収する見込みだそうです。これには、環境省の50%補助金が大きく寄与しました。

        20111207_002.JPG

        これが水車(タービン)


        20111207_003.jpg

        別の角度から


         濱田さんからは、いろいろためになることを教わりました。今後の会の活動の大きなヒントになったと思います。

        20111207_004.jpg

        変電所にて


         ペーパーで読むのと、実物を見るのとでは大違い。五感で感じることはとても大切だと改めて思いました。

         雰囲気だけでも伝えたいと思いまして、動画をアップします。モーター音がもっとうるさいと思っていましたが、そうでもありませんでした。



         最後は記念写真をパチリ。濱田さん(前列右から2番目)、お忙しい中本当にありがとうございました。(森田)

        20111207_005.jpg

        上総掘り体験記

        0
           自然エネルギー千葉の会会員の阿部峰志さんが11月13日、市原市東国吉地区で行われている「上総掘りボランティア」に行きました。

          abe.jpg


           上総掘りとは、千葉県木更津発祥の掘り抜き井戸工法です。

           東国吉地区は限界集落に近いとことろ。荒れた山を再生しようと有志が集まり、国土交通省の補助金給付もうけて、壊れていた遊歩道や農業用水路の復元、竹藪の整理、あずまやの建設、空いた土地のキャンプ場の整備が行われました。

           キャンプ場の問題は水がないことでした。そこで技術職OBが集まり、人力のみ、ボランティアのみで、千葉の伝統工法・上総掘りで井戸を掘り始めたとのことです。

           ボランティアの中心は、東国吉里山保全の会の皆さんです。

           詳しくは、阿部さんのブログ「マイナーチェンジ!」を見て下さい。(森田)

          「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました

          0
             8月28日に行われた、自然エネルギー千葉の会(仮称)第4回ミーティング「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」の報告です。

             千葉県八街市の千葉産直サービス産地事業部をお借りして、バーベキューを楽しみながら行われました。 ロケーションはとても緑豊かです。

            0828_001.jpg

            15名の参加者が熱心に語りました


            会合での決定事項

            ・仮称だった会の名称はそのまま「自然エネルギー千葉の会」として決まりました。

            ・現在千葉県が募集している「新エネルギー活用プロジェクト」への応募は9月9日締切で期間がなさすぎることから、今回は見送る方向。

            ・9月18日(日)主催する「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の当日役割分担を確認(受付、司会、会計、資料、映像etc.)。

            ・今後、参加したい他NGOの行事(「幸せの経済学」上映会、上総掘りなど)。

            ・次回の会合は
            ・9月12日(月)19:00〜
            ・会場は千葉市のトレジャーリバーブックカフェ
            ・議題は9月18日「放課後の倉阪教室/自然エネと私達の生活」の具体的内容、役割分担の確認です。また、各自、倉阪先生に自給エネルギー問題、小規模発電について等、質問したいことなど考えてきてください。

             以下、会員:阿部の参加レポートです。

             八街にはあまり行く機会がなく、地理的に詳しくないので、早めに市原コンビナート近くの自宅を出発。R16から東金街道に入り県道53号で八街を目指します。

             9:30に会場入りしたら、すでに前乗りの東さんと柴田君が汗だくで準備をしてくれていました!

            0828_002.jpg


             10:00の開始時刻にみんな集まったところで「シイタケの菌打ち」体験です。「菌打ちってなんですかぁ?」に教えてくれたのは微生物に詳しい宋さん! ドリルで穴をあけた木にシイタケ菌の種ゴマを打ち込むことで、シイタケは木の養分を吸い取って成長するそうです。

            0828_003.jpg


             その間、庭のブルーベリーをつまんで、美味しくいただきました!

            0828_004.jpg


             菌打ちが終わり、バーベキュー開始!

            0828_005.jpg


             今回のテーマは「地産地消」なので、可能な限り千葉県産の食材を使うとのことでしたが、その豊富さにビックリ! です。

             肉も千葉産! かざ鶏!

            0828_006.jpg

            もち豚を紹介する(株)千葉産直サービス
            の冨田社長


             商品紹介では説明は控えめですが…。通常の豚は、生後165日〜180日で食肉として出荷されるそうです。しか〜し! 「もち豚」は飼育期間210日と非常に長く、ゆっくりじっくり育てることで肉の味わいが深くなるとのこと。手間かってます!!!

             ちなみに、千葉マリンスタジアムで売られている、豚もつ・大根・人参・みそ・ピーナッツ全てAll千葉県産を売りにした「千葉もつ煮込み」が好評ですが、入っているのは全てこの「もち豚のモツ」という業界情報までGet! とろけます。

            0828_007.jpg


             参加者自家栽培の野菜も、集まるとすごい種類です。

            0828_008.jpg

            横芝光町「齋藤ぶどう園」の「デラウェア」というワイン


            0828_009.jpg

            醤油も千葉産


            0828_010.jpg

            佐倉市「ショパン」の国産小麦の野生酵母パン


             どんどん焼いて美味しくいただきます!

             炭もなんと! 千葉県産です。

             市原市職員OBで構成される「市原炭友会」の方が会の趣旨に賛同して提供してくれました!

             石井商事(株)「土耕菌ナルナル」の石井さんが「ナルナル」を手に取ってみます。

            0828_011.jpg


             石井さんは土にこだわり、土壌改良剤の開発をしています。今回持ってきていただいたもみ殻「ナルナル」は半端なくすごい。昨年11月にNHK クローズアップ現代「微生物とつながる農業」で、エンドファイトが紹介されたそうです。

             エンドファイトとは、植物と共生し植物を元気にする菌たちの総称で、土耕菌ナルナルはエンドファイトを自然に増やす菌群とのことです。実際に持って見ましたが、ブロックのように固まっています。菌の力だけでつながっているそうで、1gの中に、10億〜100億の菌が住んでいるそうです。

             農薬などで殺菌することを考えるより、菌の性質を活かして自然の力を使って農作物を育てる方が、美味しい作物が実るということを、石井さんから聞いて、参加者も感心!  皆、自家菜園用に「ナルナル」をお土産にもらっていました! 家庭菜園しとけばよかったなぁ。。。

             石井さんは市原市の「東国吉里山保全の会」で荒廃する里山の再生のため活動もされています。現在は上総堀りで井戸掘りをおこない、ボランティアも募集中とのことです。

             僕は、今回初めて知ることばかりでした! 農の分野はあまり知らなかったのですが、プロフェッショナル達に圧倒されてしまいました! あまりこだわらず、普段食べていますが、知恵を絞り工夫して、こだわった食べものは本当に美味しい!

             オーガニック食品は価格的に、実際に手がでないところもありますが、地産地消を求める人が増えていけば、毎日おいしい物を口にできる日も遠くないかもしれません。追及していくと、物流ロスや、自然の負の循環を作り出すことで、無駄なエネルギーを使い、化石燃料消費にも拍車をかけることを、いろんな専門家から教えていただいた話で、感じました。

             やっぱり、体に優しいものって自然の恵みからだよね! エネルギー問題と食の問題は密接だなぁと痛感した、有意義な一日でした。

             ありがとうございました!!!

            0828_012.jpg


             帰りぎわにカマキリを見つけた! 自然に調和してる?(阿部)

            1

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
              ECOXIA International
            • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
              石井一行
                    

            profile

            書いた記事数:132 最後に更新した日:2017/09/04

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode