九十九里まりん発電所の見学会を行いました

0
    20170214.jpg


     しばらくブログの更新が滞っていました(汗)。申し訳ありません。

     2月11日、九十九里まりん発電所の見学会を行いました。昨年10月14日にすでに連係していて、毎日順調に発電をしている同発電所ですが、NPOえねちば会員さんへの初お披露目です。

     太陽光発電日和と言える絶好の冬晴れのもと、現場へ到着しました。大網白里第1市民発電所と同じく海から近い距離にあるのですが、海風は感じません。

     設備容量において大網白里第1市民発電所の倍以上ありますので、スケール感があります。架台もがっしりした印象です。

     裏の整地や、敷地内の木の剪定、看板取り付けなど今後の作業を確認し、大網白里第1市民発電所にも足を伸ばして軽く点検を行います。

     その後はファミリーレストランで会議をしました。

     そして、重要な発表なのですが、九十九里まりん発電所のパネルオーナー制度を開始します!

     パネルオーナー制度とは、太陽光発電所のパネルを1枚から購入することのできるシステムで、購入したパネルを発電所運営会社である千葉みらい電力合同会社に賃貸し、毎年固定の賃料を得ることができます。

     低圧とはいえ太陽光発電所を運営するには、まとまった金額が必要になりますが、パネル1枚から開始することができます。価格は1枚7万円(税込)を予定しています。

     九十九里まりん発電所はすでに連係し、順調に発電していますので、竣工リスク(本当に建設できるのかというリスク)、連係リスク(東京電力と連携できるかというリスク)、発電リスク(本当に予定通り発電できるのかというリスク)については、すでに乗り越えています。

     詳細については後日発表します。乞うご期待!

    決算を済ませ、税金を納めました

    0
       9月、千葉みらい電力合同会社の第3期決算報告書(2015年8月〜2016年7月)を提出しました。同時に諸税金の支払いを済ませました。

       法人市民税¥50,000-、法人県民税¥28,900-、固定資産税(第3期)¥20,000-、そして消費税¥84,800-。

       はぁ、結構な額になりますね。。もちろん、法人の社会的責任において、納税義務は果たしていきますが。(森田)

      特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会第4回総会を開きました

      0
        20160715.jpg


         7月10日、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会の第4回総会が開かれました。会場はQiball(きぼーる)千葉市ビジネス支援センター15F・会議室4です。

         自然エネルギー千葉の会もNPO法人登記をしてから第4期を迎えました。感慨深いものがありますが、私たちの歩みはまだまだ続きます。

         総会は15時30分から開始され、第1号議案・2015年度事業報告、第2号議案・2015年度決算報告が代表理事の森田から行われました。斎藤清監事からの第3号議案・監査報告を挟み、第4号議案・2016年度事業計画案、第5号議案・2016年度予算案を通じて、ワクワクする会の活動計画について話し合いました。

         会員の皆さま、ありがとうございました。(森田)

        「講演会 電力自由化と自然エネルギー」の動画です

        0
           3月6日に開催された「講演会 電力自由化と自然エネルギー」の動画(ノーカット版)です。参加できなかった方、参加したけれどももう一度聞きたい方、必見ですよ。


          PART1



          PART2



          PART3


           また、当日の高橋洋さんの資料(PDFファイル)はこちらのページからダウンロードできます。あわせて、ご利用ください。(森田)

          「講演会 電力自由化と自然エネルギー」を開催しました

          0
            20160309_001.jpg


             3月6日、千葉市のホテル・メイプルイン幕張において、「講演会 電力自由化と自然エネルギー」が開催されました。(主催:特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会、後援:千葉市)

             メイン講師は都留文科大教授の高橋洋さんです。高橋さんは「電気事業法の改正によって、これまで発電・送配電・小売りまで電力会社の法定独占だったものが、発電部門、小売り部門が自由化されることになる」とし、「送配電部門だけは自由化できないので、電力広域的運営推進機関を通じ開放的なネットワークの実現を目指すことになる」と指摘。

            20160309_002.jpg

            講師の高橋洋さん


             「電力システム改革の方向は、集中型から分散型へ、独占から競争へ、垂直一貫から水平分業へというもの。今後、電力自由化が自然エネルギーに結びつくかは、消費者が電気を他人事ではなく『自分事』として選択権を行使することが重要になる」と主張しました。

             国会会期中という激務の中、駆けつけてくれました衆議院議員の田嶋要さんは、「今国会でも電力自由化に関連して質問をする予定だ。ヨーロッパに比べて20年遅れているといわれる日本の再生可能エネルギー拡大にむけて、汗をかいていきたい」と挨拶しました。

            20160309_003.jpg

            田嶋要衆議院議員


             続いて新電力各社からのプレゼンです。みんな電力株式会社の飯野隆志さんは、市民発電所から電気を調達する「顔の見える発電所」のコンセプトを(1)選べる楽しさ、(2)おまけがついて購入する楽しさ、(3)発電者と繋がる楽しさ、(4)地域社会と環境に貢献する楽しさ、として説明しました。

            20160309_004.jpg

            みんな電力株式会社・飯野隆志さん


             株式会社パルシステム電力の鈴木松夫さんは、同社が今後手がける「産直でんき」について、(1)生産者、産地が明らかであること、(2)生産方法や出荷基準が明らかで、生産の履歴がわかること、(3)環境保全型・資源循環型をめざしていること、(4)生産者や組合員の相互交流があることの4原則を述べました。

            20160309_005.jpg

            株式会社パルシステム電力・鈴木松夫さん


             生活クラブ虹の街の山本裕一郎さんは、風車の建設からエネルギーの共同購入にいたる同生協の取り組みを概説、電気の共同購入を今年6月から1500世帯で先行実施し、10月から全体実施の予定であることを明らかにしました。

            20160309_006.jpg

            生活クラブ虹の街・山本裕一郎さん


             会の最後に千葉みらい電力合同会社の森田一成代表社員は、「自然エネルギーを選択することが『やせ我慢』になってはいけない。電力自由化で再エネを大事にする新電力に切り替えるとともに、再エネ発電事業に投資することで家計を潤すこともできる」とし、千葉みらい電力が手掛ける大網白里市での市民発電所建設への協力を呼びかけました。

            20160309_007.jpg

            千葉みらい電力合同会社・森田一成代表社員


             参加者からは「内容が濃いにもかかわらず大変わかりやすかった」とのお声を頂戴しています。関係各位のご協力に、あらためて感謝いたします。(森田)

            ※この事業はパルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けて実施されました。

            いちかわ電力準備会さんが市民発電所の見学に来られました

            0
              20160117_001.jpg


               1月9日、大網白里第1市民発電所の見学会にいちかわ電力準備会(代表・斉藤真実さん)の7名がお見えになりました。

               いちかわ電力準備会は、昨年8月30日に結成された千葉県市川市在住の団体。持続可能でクリーンな電気を発電し、地元に供給していくことをめざして活動されています。

               NPOえねちば側からは、川本俊司理事と斎藤清監事、そして私森田が参加しました。

               当日はご一行を歓迎するかのような太陽光発電日和。雲一つない快晴です。

               この日は、同時に看板の取付を行いました。看板には、市民発電所に出資してくれた方々のお名前を記してあります。

              20160118_002.jpg


               その後一行は、大網白里市在住で光太陽農園を運営する佐久間晴一さんを訪ねました。佐久間さんはご自身の畑にソーラーシェアリングを設置しています。

              20160117_003.jpg

              説明をする佐久間晴一さん


              20160117_004.jpg

              フォークに乗って上からソーラーシェアリングを見学


               最後に第2発電所予定地の見学も行いました。

              20160117_005.jpg


               1日の締めくくりは、千葉で懇親会。いちかわ電力準備会の皆さま、ありがとうございました。(森田)

              おやこエネルギー教室、自然エネルギー白書をひもとく会のご報告

              0
                 大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もNPOえねちばをよろしくお願いします。

                 さて、こちらも遅くなりましたが、昨年実施したイベントのご報告です。

                 11月29日、千葉市幕張勤労市民プラザ・視聴覚室にて、「おやこエネルギー教室 おやこで電気をつくってみよう!」を行いました。主催は、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会と千葉市幕張勤労市民プラザ(指定管理者Fun Space・オーチュー共同事業体)です。

                20160115_001.jpg

                自分で作ったソーラーランタンに歓喜!


                 「エネルギーって何? でんきって何?」という座学を行った後、ソーラーランタンをみんなで工作しました。講師は、座学を石川弘毅さん(自然エネルギー千葉の会)が、工作を川本俊司さん(自然エネルギー千葉の会理事)が担当しました。

                 部屋を暗くして、ソーラーランタンを点灯すると、歓声が上がりました。教室には、定員を上回る22組の親子が参加しました。

                 つづいて、12月13日には「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催しました。2012年から始めて4年4回目の開催です。

                20160115_002.jpg

                講師の松原弘直さん


                 会場はトレジャーリバーブックカフェ、講師は自然エネルギー千葉の会顧問で、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所主席研究員の松原弘直さんです。

                 2つのイベントとも、パルシステム千葉NPO助成基金の助成を受けています。また、動画ができ次第、ホームページで公開いたします。(森田)

                いちかわ電力準備会さんの定例会でお話しました

                0
                  20151023.JPG


                   10月11日、JR市川駅前のアイリンク会議室にて、いちかわ電力準備会さんの第3回定例会が開かれ、当会代表理事の森田がお話をしました。

                   いちかわ電力準備会は、今年8月30日に結成された千葉県市川市在住の団体。持続可能でクリーンな電気を発電し、地元に供給していくことをめざして活動されています。

                   森田代表理事は、大網白里第1市民発電所建設の事例報告を行いました。具体的な事例とともに、事業に取り組む考え方について、持論を述べました。

                   準備会の会員さんからは、たくさんの熱心な質問が出され、皆さまの熱意が伝わる定例会となりました。

                   県内に市民発電所建設をめざす動きが広がることは、本当に嬉しいことです。

                   太陽光発電の買取価格が下がり、新規太陽光発電の事業化が難しくなりつつあるなか、頑張ろうとしているいちかわ電力準備会さんには、これからもエールを送り続けたいと思います。(森田)

                  講演会・市民のための自然エネルギーの動画です

                  0
                     2015年6月15日に開かれた「講演会・市民のための自然エネルギー」の動画です。


                    PART1



                    PART2



                    PART3





                    講演会・市民のための自然エネルギーを開催しました

                    0
                      20150702_004.jpg


                       ご報告が遅れて申し訳ありません(汗)。6月14日、千葉県大網白里市にて講演会「市民のための自然エネルギー」が開催されました。(主催は特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会)

                       会場は、市民発電所建設でもお世話になった大里綜合管理(株)の社屋をお借りしました。告知に時間とお金をかけられなかったのですが、それでも地元大網白里市民中心に多くの方々に集まっていただきました。

                       司会はNPOえねちばの斎藤清監事が務め、まずは大里総合管理の野老真理子社長から挨拶をいただきました。

                       最初の講演は、千葉エコ・エネルギー(株)の馬上丈司代表取締役社長。演題は「自然エネルギー時代の市民発電」です。

                      20150702_002.jpg

                      馬上丈司さん


                       馬上さんは、再生可能エネルギー固定買取制度によって太陽光発電をはじめ自然エネルギーが爆発的に増えたことを肯定的に語ったうえで、政府の再エネ政策について「目指す社会像が見えてこない」と批判。「地域経済・進行に貢献する産業の創出という視点が重要」と指摘しました。

                       市民発電の重要性については、「地元産業との相乗効果を生み、エネルギー事業への参画意識を得ることができる。自らの生活に欠かせないエネルギーを、自らの手で作る自覚と責任の醸成が何よりも重要だ」と述べました。

                       続いて、衆議院議員の田嶋要代議士が登壇しました。田嶋さんは、「エネルギー地方分権は、権限プラス財源プラス電源だ」と述べ、具体例として、バイオマスの普及促進、地中熱利用の加速、住宅の断熱強化などを説明しました。

                      20150702_001.jpg

                      田嶋要さん


                       また、現在「分散型エネルギー利用の促進に関する法律案」を議員立法で準備していることを明らかにし、「千葉県を再エネ日本一にしよう」と力説しました。

                       質疑応答の中で、NPOえねちば代表理事で千葉みらい電力代表社員の森田一成から、このたびオープンした大網白里第1市民発電所についての説明がありました。

                      20150702_003.jpg

                      森田一成代表理事


                       「自然エネルギーは市民が取り組んでこそ意義がある。大網白里第1市民発電所はその第一歩だ」

                       その後も質疑応答・意見交換が続きました。

                       講演会終了後、スタッフと馬上さん、田嶋議員で大網白里第1市民発電所の見学会も行われました。天気が良く、元気に発電している様子を確認できて、皆さんニッコリしていました。(森田)

                      20150702_005.jpg



                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:128 最後に更新した日:2017/03/21

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode