九十九里まりん発電所のフェンス工事

0
    20180417_001.jpg


     4月14・15日、千葉県山武郡九十九里町にある市民太陽光発電所「九十九里まりん発電所」の金網フェンス工事を行いました。

     金網は30メートルで5.1メートルの伸縮式門扉を取り付けます。

    20180417_002.jpg


     工期はゆとりを持って2日としました。作業人数は4人。

     1日めは支柱立てです。簡易な基礎をコンクリートで作ったので、翌日まで養生させます。

    20180417_003.jpg


     2日めは金網の取り付け。門扉は両端には金属製の杭を打ち込み、固定させます。

     天候を睨みながらの作業となりましたが、みな怪我もなく、大きなトラブルもなく無事終了しました。(森田)

    パルシステム千葉主催「親子でつくる自然エネルギー やってみよう風力発電工作!」

    0
      20180412_001.jpg


       またまたブログの更新が滞ってしまいました(汗)。すみません。

       2月12日(月・振替休日)、パルシステム千葉さん主催の「親子でつくる自然エネルギー やってみよう風力発電工作!」で座学担当をさせていただきました。会場はパルひろば☆ちばです。

      20180412_002.jpg


       工作はペットボトルを使った風力発電機です。親子10組程が参加してくれました。(森田)

      20180412_003.jpg


      3つの市民発電所の2017年発電実績

      0
         こんにちは。

         2017年が終わったので、3つの市民発電所の1年間の発電実績を発表したいと思います。

         まず大網白里第1市民発電所(設備容量33.66kW)ですが、年間合計40,503kWh発電しました(ソーラーモニターによる)。

        20170103_001.jpg


         これによるCO2削減量は22,276kg-CO2/kWhとなります(省令による換算式で計算)。杉の木に換算すると1,589本になります。

         次に九十九里まりん発電所(設備容量69.96kW)ですが、86,291kWh発電しました(エコめがねによる)。

        20170102_002.jpg


         CO2削減量は47,460kg-CO2/kWh、杉の木換算で3,390本です。

         富津市民発電所(設備容量59.99kW)は2017年3月1日連係ですので、1年間フルではなく10ヶ月の稼働ですが参考値としてお知らせします。

        20170102_003.jpg


         発電量は62,045kWh(エナビジョンによる)で、CO2削減量は34,124kg-CO2/kWh、杉の木換算で2,437本です。

         2016年と比較すると、7月の発電量が順調ですね。カラ梅雨を反映しているのでしょう。逆に、8月半ば以降の落ち込みが目立ちます。

         おかげさまで3つの発電所、すべて非常に順調です。より詳細なデータが見たい方は、大網白里第1市民発電所のみ公開しておりますので、こちらをご覧ください。(森田)

        自然エネルギー白書をひもとく会2017を開催しました

        0
          20180102.jpg


           皆さま、あけましておめでとうございます。

           「自然エネルギー私たちの手で」を合言葉に、市民目線で再生可能エネルギーの普及のために活動する特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会を今年もよろしくお願いします。

           さて、イベント報告です。昨年12月23日(土・祝)、千葉市のトレジャーリバーブックカフェにて「自然エネルギー白書をひもとく会2017」が開催されました。

           講師は当会顧問で、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)主席研究員の松原弘直さんです。

           松原さんからは、自然エネルギー世界白書2017ハイライト日本語版が参加者に配られました。これは毎年ISEPが発行している自然エネルギー白書とは違い、国際組織REN21(21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク)が発行しているもののダイジェスト版です。

           松原さんは、デンマークの地域熱供給の事例やご自身が視察したドイツのライン・フンスリュック郡の事例などを引き合いに、国際的な自然エネルギー100%への国・自治体・企業の取り組みを紹介しました。

           日本国内の問題として、系統接続の容量問題や固定買取制度(FIT)導入以降の急激な拡大と停滞について議論となりました。

           当日の資料はこちらからダウンロードできます。(森田)

          今年も「自然エネルギー白書をひもとく会」を開催します!

          0

            大網白里第1市民発電所


             年末恒例の「自然エネルギー白書をひもとく会」を今年も開催します。開催日は12月23日(土・祝)です。

             自然エネルギー白書は、太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、太陽熱など、国レベルの自然エネルギー政策の具体的課題から、地域での事業化や普及に向けた取り組み、各種のトレンド・データ、地域別ポテンシャルや導入状況、自然エネルギー100%を目指す長期シナリオなど、国内の自然エネルギーについて網羅的に情報をまとめてたレポートです。認定NPO法人環境エネルギー政策研究所=ISEPが編集しています。

             2012年から始まったこの「自然エネルギー白書をひもとく会」は今年で7回目を迎えます。

             この学習会は、NPOえねちばが不定期で開催している「エネルギー・カフェ」の一環として開催しています。エネルギー・カフェとは、カフェでお茶をしながら気軽にエネルギー問題を話すイベントです。

             講師は、同書の編集責任者で当会顧問の松原弘直さんです。

             参加は資料代として500円を頂戴しますが、トレジャーリバーブックカフェのソフトドリンクを注文できます。

             また、ひもとく会の後は、忘年会を開催します(参加任意・会費制)。皆さまのご参加を心からお待ちしています!(森田)

            === 自然エネルギー白書をひもとく会2017 ====

            【日時】
            12月23日(土・祝)14:00〜17:00

            【会場】
            トレジャーリバーブックカフェ
               千葉市中央区登戸1-11-18
               http://treasureriverbook.web.fc2.com/

            【講師】
            松原弘直さん
            ・環境エネルギー政策研究所・主席研究員
            ・自然エネルギー千葉の会顧問
            ・やちよ自然エネルギー市民協議会代表

            【参加費】
            500円(ソフトドリンク付)
            予約制/先着25名様

            【主催】
            特定非営利活動法人 自然エネルギー千葉の会

            【問合せ/お申込み】
            FAX.043(275)7825
            Email. renewable.energy.chiba@gmail.com
            Web. http://www.npo-enechiba.org/

            四街道に太陽光発電オフグリッドシステムが完成しました

            0
               NPOえねちばは、四街道市の雑木林にツリーハウスを自作するプロジェクト「ぼくのツリーハウス・プロジェクト」の一環として、作業小屋に太陽光発電オフグリッド・システムを取り付けました。

              20170904_001.jpg


               システム構成は、単結晶太陽光パネル(シャープ製)260W2枚で発電した電気を、再生リユースバッテリー12個に貯めるものです。チャージコントローラーとインバーターを繋いで、交流100Vで使えるようにします。

               作業日は8月19日と8月27日でした。手伝ってくれたのは、NPO法人非電化地域の人々に蓄電池をおくる会代表理事の鈴木一郎さんと、NPOえねちば副代表理事の川本俊司さんです。

               19日はパネルの屋根置き工事です。小屋の屋根はスレートなので、屋根置き工事自体は難しくはありませんが、垂木にタッピングビスを確実に打ち込むこと、防水処理を行うことが重要です。また高所作業なので、注意が必要です。

              20170904_002.jpg


               まだまだ夏の暑さが厳しい中での作業で、スレート屋根の照り返しがきつかったです。

              20170904_003.jpg

              再生リユースバッテリーを活用


               インバーターとチャージコントローラーの納品を待って、27日に接続工事を行います。チャージコントローラーとインバーターは小屋内に設置します。

              20170904_004.jpg


               設置後、井戸ポンプのコードをインバーターに挿してみます。ちゃんと動いて、井戸が組み上がります。



               NPOえねちばとしては、初めてのオフグリッドシステム工事でしたが、うまくいって良かったです。今後、四街道ツリーハウスに集う人々に自然エネルギーでつくった電気を提供できてうれしいです。

               お声をかけてくださった佐藤紘孝さん、そして鈴木一郎さん、川本俊司さん、ありがとうございました。(森田)

              太陽光発電システムを自作ワークショップが開かれました

              0
                 7月30日、生活クラブ虹の街千葉デポーにて、ワークショップ「スマホが充電できる太陽光発電システムを自作しよう」が開催されました。

                20170824_001.JPG


                 主催は、生活クラブ虹の街千葉ブロック環境フォーラムさんです。グリーンタートルズさんとともに、NPOえねちば(特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会)も協力しました。

                 参加されたのは、親子10組、20数人の皆さん。夏休み中とあって、たくさんのお子さんが集まりました。

                 ワークショップの講師はNPOえねちばの川本俊司副代表理事。若干の座学のあとに制作に取り組みます。

                2070824_002.JPG


                 システムは、太陽光パネル(20W)、チャージコントローラ(VS1024AU)、シールド鉛バッテリー(12V12Ah)で成り立っています。これを繋いでいきます。

                 完成したあと、駐車場にシステムを持っていって太陽にかざし、実際に発電するかどうか見てみます。太陽が雲から顔を出すと、チャージコントローラの数字がぐんぐん上がっていきます。太陽光発電は、まさに太陽の恵みをいただいていることが実感できます。

                20170824_003.JPG


                 このあと、参加者みんなで美味しいカレーを食べました。

                 生活クラブ虹の街千葉ブロック環境フォーラムの皆さん、ありがとうございました。

                第5回総会を開きました

                0


                   7月9日、特定非営利活動法人自然エネルギー千葉の会第5回総会を開催しました。会場はQiball(きぼーる)千葉市ビジネス支援センター13F・特別会議室。

                   NPOえねちばは第5期を迎え、「啓発」中心の活動から「事業」中心の活動に重心が移ってきました。そのことを反映してか、開催するイベントの数が減ってきたのは否めない事実です。

                   今年は企画モノにも力を入れたいと思います。総会では、すでに進行中のいくつかのプロジェクトについて議論されました。

                   また、新たな市民発電所建設を追求していくことも確認されました。

                   会員の皆さま、ありがとうございました。(森田)

                  ロケットストーブ製作ワークショップを行いました

                  0
                     報告が大幅に遅れまして申し訳ございません(汗)。4月29日(祝・土)、WOLD DISCO SOUP 2017というイベントの中の企画で、ロケットストーブ製作ワークショップを行いました。

                    20170526_--1.JPG


                     WOLD DISCO SOUPというのは、農家さんが廃棄してしまう規格外の野菜などを持ち寄って、スープにして食べようという世界的なイベントで、4月29日が世界統一行動日でした。

                     NPOえねちばは、ロケットストーブ製作ワークショップを担当しました。チューターはNPOえねちばの川本俊司副代表理事です。

                     製作された方は計4名。部材は事前に用意しており、作業はペール缶に穴を開けたり、ステンレス煙突を切断したりなどになります。

                    20170526_002.JPG

                    ロケットストーブが大活躍!


                     出来上がったロケットストーブ4台をフル動員して、スープを作ります。火力が心配されましたが、無事参加者の胃袋を満たすことができました。ちなみに燃料の薪は、九十九里まりん発電所から出た剪定枝です。

                     主催者のNeighborhood Table Chibaの加納弓さん、Day Dripperの渡邊好道さん、ありがとうございました!

                    20170526_--3.JPG

                    イベント全体の様子


                    ロケットストーブ製作ワークショップを行います

                    0
                      20170321_002.jpg

                      ロケットストーブ


                       4月29日(祝)に行われる「WORLD DISCO SOUP DAY 2017」というイベントで、ロケットストーブの製作ワークショップを行います。

                       ロケットストーブという名を聞いたことがありますか? 比較的簡単に手作りできる木質燃料のストーブです。

                       熱を送りだすヒートライザーと呼ばれる部分がロケットの噴射口に似ているところからその名がついたと言われています。燃焼効率が高く、完全燃焼に近いため、煙もほとんど発生しません。

                       庭木の剪定枝や木製の廃材など、そのままでは捨ててしまうものを燃料として活用できるので、とってもお得。何より木質バイオマス燃料で熱利用ができるロケットストーブは、再生可能エネルギー利用機器にほかなりません。

                       さらに、震災などで停電したり、ガソリン・灯油などが入手困難になったときに、手軽に暖をとることができる優れた防災グッズでもあります。

                       一家に一台あっても損はありません。この機会に再エネ機器を手作りしてみませんか。

                      参加費(工作材料費):1台分3,000円
                      時間:座学30分+工作時間1時間30分程度
                      連絡先:Day Dripper 渡邊 好道 様
                          https://www.facebook.com/daydoripper/

                      【注意事項】
                      ・工作の素材は5台分用意します。工作を希望される方は、予約をお願いします。
                      ・工作したストーブを持ち帰るため、工作する方は車でお越しください。(会場内に駐車場はございませんので新検見川駅ちかくのコインパーキングをご利用ください。)
                      ・工作は中学生以上とします。小学生以下は保護者と一緒に作業してください。

                       以下、WORLD DISCO SOUP DAY 2017の告知文を転載します。

                      20170321_001.jpg


                      2017年4月29日は世界ディスコスープの日!

                      DISCO SOUPは、まだ食べられる美味しい野菜が目の前で捨てられていくのをレスキューする活動です。見た目が悪いために農家さんの畑で余っている野菜など集め、音楽とともに楽しく料理をします。

                      <イベント概要>
                      開催日時:4月29日(土) 10:00〜16:00 雨天決行
                      (12:00〜料理提供開始予定)
                      開催場所:ソーシャルアパートメント新検見川 中庭
                      (千葉市花見川区朝日ケ丘4-6-8)
                      参加方法:(1)一緒に料理 (2)一緒に食べる (3)一緒に踊る
                      もちもの:スープを食べるためのカップかボウル

                      *料理は数量限定ですが無料またはドネーション(寄付500円〜)で提供予定です

                      活動は至って簡単!切って煮込んで食べ、踊る!美味しいものを集まって食べましょう!

                      <同時開催ワークショップ>
                      ロケットストーブをつくろう!
                      9:30-11:30 詳細未定(決定次第、参加者募集いたします)

                      そのほかいろいろ企画中!

                      ********

                      Disco Soupとは?

                      Disco Soupは、「ゴミ箱でなく腹を満たせ!」というコンセプトで、捨てられてしまう運命にあった食材を集めてきて、調理し、みんなで食べる、食品ロス問題への啓発運動です。このイベントの目的は、日々、想像を遥かに超える量の食物が廃棄されているという事実を示し、市民のみなさんにこの壮大な国際問題について考えるきっかけを与えることです。元々ドイツで始まったこのムーブメントは、2012年10月にパリで大規模に行われて以降、オランダ、ベルギー、 カナダ、コロンビア、韓国等々、世界各国に広がっています。

                      https://www.facebook.com/DiscoSoupe/

                      *******

                      企画
                      Neighborhood Table Chiba 加納 弓
                      https://neighborhood-table-chiba.localinfo.jp/

                      Day Dripper 渡邊 好道
                      https://www.facebook.com/daydoripper/


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ヘルマン・シェーア氏のメッセージ動画
                        ECOXIA International
                      • 「ウグイスの声を聴きながら…、未来について大いに語る会」を開きました
                        石井一行
                              

                      profile

                      書いた記事数:137 最後に更新した日:2018/04/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode